サーキットを気軽に体験できる絶好のチャンス!
次回は10月1日(月)開催

画像: サーキットを気軽に体験できる絶好のチャンス! 次回は10月1日(月)開催

スポーツバイクが好きなライダーなら、
サーキットを走ってみたいと一度は思ったことがあるはず。
でも、サーキット走行にはツナギやサーキットライセンスが必要だったりして、
ちょっとためらっている人も多いと思います。

そんなライダーのために、サーキット走行を楽しく体験できる
プログラムを富士スピードウェイが毎年開催していて、人気となっています。
そのプログラムとは、進化版体験走行「ライディングチャレンジツアー」。
ショートサーキットと国際レーシングコース、2つのサーキットを
先導付きで体験走行できちゃうイベントで、
次回は10月1日(月)の開催です!
秋はバイクを楽しむ絶好のシーズン。思い切って
サーキット体験はいかがでしょうか?

国内有数の名門コースを愛車で体験できる!

画像: 国内有数の名門コースを愛車で体験できる!

このイベント、まず走行ラインやサーキット走行のポイントを
講義で学んでから、ショートサーキットを7周、そして
国際レーシングコースを6周、いずれも先導付きで走行できちゃいます。
しかも長袖、長ズボン、ブーツといったライディングウェアであれば
ツナギは不要というのも嬉しい限り。もちろん、サーキットライセンスも不要!
今回は午前開催ですが、ツーリングしながら楽しんじゃうのもアリ!

GTやF1も開催された、日本が誇る国際レーシングコースを
自分の愛車で走れて、参加費用はなんと税込5000円。
125cc以上のニーグリップ可能、かつ公道走行可能な2輪車であれば参加可能で、
参加台数は25台限り。これをきっかけに、サーキットを愛車と一緒にエンジョイしてみては?
毎回キャンセル待ちが出るほどの人気イベントなので、お申し込みはお早めに!

■開催日時:2018年10月1日(月) 10:50集合・受付
■参加費用:5000円(税込) ※FISCOライセンス会員は4000円(税込)
■募集台数:25台
■参加可能車両:125cc以上のニーグリップ可能かつ公道走行可能な2輪車
■必要装備:2輪車の運転に適した格好(長袖、長ズボン、ブーツ)
※バイク専用品推奨

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.