長時間エンデューロで武器になる乗りやすさの進化

ハのモトクロス用競技モデルの証。しかし、今回紹介するモデルは、FXと後ろに続く。そう、これはモトクロッサーでありながら、モトクロス用バイクではない。ターゲットはクロスカントリー用のレーシングバイクだ。

クロスカントリーとはアメリカで人気のレースで、様々なオフロードエリアを長時間走る競技。日本でいうエンデューロだ。そのレース用に、YZをベースにアレンジしたモデル。スプリントマシンをエンデュランス用にしたものだと思っていい。

そのYZ450FXがフルモデルチェンジした。狙いはズバリ、乗りやすさの追求だ。

画像: YZ450Fをベースにリアを19→18インチ化し、大型エンジンガードやサイドスタンドを追加し、エンデューロ向けモデルとしたYZ450FX。

YZ450Fをベースにリアを19→18インチ化し、大型エンジンガードやサイドスタンドを追加し、エンデューロ向けモデルとしたYZ450FX。

長距離系のレースでも、いまやレース内容はスプリント的になっている。それはオンロードもオフロードも同じ。だからマシンはパワフルさを求められるが、それだけではライダーが長時間のライディングに耐えられないから、乗りやすさも重要になる。

今回フルモデルチェンジした450FXは、フレーム、サスペンション、全てが乗りやすい方向になっていた。内に秘めるパワーと強度はそのままに、雰囲気を柔らかくすることで、その力を意識させないようになっている。だから、ライダーがそのパワーに振り回され「にくい」。もっとも、そう感じるのは、450㏄のモトクロッサーに乗り慣れた人だけかもしれない。 ただ、インターフェースも含めて、その間口を広げているのは確か。セルが標準装備になって、リスタートが容易になったのはとてもユーザーフレンドリーだ。

画像: 車重はYZ450Fよりわずか5㎏増し。樹脂製燃料タンクは容量を6.2→8.2Lとしたが、スリムさは変わらずライダーにフィットする。

車重はYZ450Fよりわずか5㎏増し。樹脂製燃料タンクは容量を6.2→8.2Lとしたが、スリムさは変わらずライダーにフィットする。

さらに、スマホからエンジン特性を変更できるアプリ「パワーチューナー」で、より簡単にセッティングできるようになった。もともと、FXは2タイプのエンジン特性をコンデイションに合わせて選べるが、これを使えばもっと高回転域をパワフルに、などの細かい変更も簡単。

しかも、その変更幅はかなり広く、うまくいじればオリジナルセッティングもできる。それも簡単に。こういうアイテムは公道向けのオートバイではそうそう見ない。レーサーだからこそ、と言えるものだ。

画像: スマートフォンのWi-Fi機能と専用アプリによって、燃料噴射量と点火時期のマップを素早く簡単に調整可能としている。マップは3Dグラフで表示することができ、セッティングを360度ビューで視覚的に確認することが可能。データを共有することもでき、チームメイトらと走りを追求する手助けになる強力なツールとなること間違いなしだ。

スマートフォンのWi-Fi機能と専用アプリによって、燃料噴射量と点火時期のマップを素早く簡単に調整可能としている。マップは3Dグラフで表示することができ、セッティングを360度ビューで視覚的に確認することが可能。データを共有することもでき、チームメイトらと走りを追求する手助けになる強力なツールとなること間違いなしだ。

YZ450FXは「本物」のレーサーなので、乗るにはある程度の技量は必要かもしれないが、身構えるほどじゃじゃ馬ではない。パワーチューナーを駆使して、うまく「飼い慣らす」のも面白いと思う

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 2175×825×1270㎜
ホイールベース 1480㎜
シート高 955㎜
最低地上高 320㎜
車両重量 116㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量 449㏄
ボア×ストローク 97×60.8㎜
圧縮比 12.8
最高出力 NA
最大トルク NA
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 8.2L
キャスター角/トレール 27度10分/116㎜
変速機形式 5速リターン
ブレーキ形式 前・後 ディスク・ディスク
タイヤサイズ 前・後 80/100-21・120/90-18

DETAIL

画像: YZ450Fベースの前方吸気後方排気エンジンは、専用の点火マップでセッティングし、エンデューロで求められる扱いやすさを実現。

YZ450Fベースの前方吸気後方排気エンジンは、専用の点火マップでセッティングし、エンデューロで求められる扱いやすさを実現。

画像: 前後サスのセッティングは国内専用。24→25㎜にシリンダー径を拡大した倒立フォークはオイルシールの耐久性も向上している。

前後サスのセッティングは国内専用。24→25㎜にシリンダー径を拡大した倒立フォークはオイルシールの耐久性も向上している。

画像: YZ450FではDID製19インチリムだが、FXではEXCEL製18インチリムとし、悪路での走破性を向上。チェーンもシール式とした。

YZ450FではDID製19インチリムだが、FXではEXCEL製18インチリムとし、悪路での走破性を向上。チェーンもシール式とした。

画像: 後傾角6・2度のシリンダー後方から伸びるエキパイはエンジンを一周してから、マスの集中化に貢献するYZ450Fと同一のサイレンサーへと繋がる。

後傾角6・2度のシリンダー後方から伸びるエキパイはエンジンを一周してから、マスの集中化に貢献するYZ450Fと同一のサイレンサーへと繋がる。

画像: 新作のアルミ製サイドスタンド(写真右)はボトム側のブラケット位置を上げ、クリアランスを確保。約100gの軽量化を実現した。

新作のアルミ製サイドスタンド(写真右)はボトム側のブラケット位置を上げ、クリアランスを確保。約100gの軽量化を実現した。

画像: 8年式に比べスリムながらもプロテクション範囲を広げた樹脂製アンダーガード。前側の開口部を最小にし、泥の堆積を防ぐ。

8年式に比べスリムながらもプロテクション範囲を広げた樹脂製アンダーガード。前側の開口部を最小にし、泥の堆積を防ぐ。

撮影/柴田直行

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.