画像: 写真デジタル化サービス「ニッポン写真遺産」の「写真整理お手伝いプラン」を担当/一般社団法人 パソコープ 写真整理アドバイザー

全国165拠点のICT教室を会員に活動する一般社団法人パソコープが運営する資格「写真整理アドバイザー」が、株式会社朝日新聞社(代表取締役社長 渡辺雅隆)が運営する写真のデジタル化サービス「ニッポン写真遺産」の新たなオプションサービス「写真整理お手伝いプラン」を担当することとなった。

2018年4月にオープンした株式会社朝日新聞社「ニッポン写真遺産」は、家庭内の写真やフィルムをデジタル化するサービス。写真のデジタル化は、断捨離ブーム、終活ブーム、災害時の写真の救出など、最近話題になることも多く非常に関心が高まっている。

写真整理アドバイザーとは

写真整理に必要なデジタル化やデータ処理に関する知識や技術があり、相手に寄り添って思いを十分理解し、その方に合った方法を提案しながら写真を整理していくお手伝いができる人材を指す。
今から5年前に浅川純子氏(ゼネラルマネージャー)が、写真整理の分野を新規ビジネスとして発案し、2015年7月15日にパソコープが写真整理アドバイザーという資格制度として創設した。
家にある紙焼き写真や、スマートフォンなどのデジタル写真を、個人や家族の人生の大切な記録と考え、整理しながら写真を楽しむ生活を提案する手法を体系化し、個人に合った写真整理のアドバイス及びサポートができる人材を広く輩出している。

参考
「ニッポン写真遺産」について
詳しくは、株式会社 朝日新聞社 ニッポン写真遺産 ホームページをご覧ください。
https://shashin-isan.asahi.com

写真整理お手伝いプラン 概要

「写真整理お手伝いプラン」は、株式会社朝日新聞社「ニッポン写真遺産」のオプションサービスで、写真整理アドバイザーが下記のようなサービスを行う。

・お客様のお宅に訪問し、丁寧にご要望を聞き取り
・未整理の写真を、お客様に合った方法で分類
・重いアルバムの梱包作業、発送作業のお手伝い
・戻ってきたデジタルデータをもとに、ご希望に添った写真集を作成

写真整理アドバイザーが対応することで、デジタルデータを扱うのが難しい方でも「ニッポン写真遺産」のサービスを通じて、写真を安心に楽しく見返す形にすることが可能となる。

画像: 写真整理お手伝いプラン 概要

対象地域

東京都(島しょ部を除く)・神奈川県・埼玉県・千葉県の一都三県にお住まいのお客様が対象です。

料金(税別)

基本料金              20,000円
アドバイザー訪問費 半日(2時間)  20,000円
アドバイザー訪問費 一日(4時間)  40,000円
写真集編集費     40ページまで 60,000円
写真集印刷製本費(実費)  5,000円~30,000円
その他の作業費(1時間ごと)      4,000円
交通費(1訪問あたり)東京23区内   1,000円

※料金例:アドバイザー訪問3回(東京23区内)、写真集40ページ制作の例
基本料金       20,000円
半日訪問3回      60,000円
交通費×3回分     3,000円
編集費(40ページまで)60,000円
印刷実費       20,000円
合計・・・・・・・・ 163,000円
別途、デジタル化料金がかかります。

画像: 料金(税別)

大切な思い出が詰まっている写真を整理するということは、単に生活がすっきりするだけでなく、自己の歩みを振り返り、自分の人生がとてもよいものだと気づくきっかけに繋がる。
朝日新聞社との提携により、多くの方がしまっていたアルバムや思い出の品を目にされる機会が生まれることは、社会的にも大きな意味を成すだろう。

会社概要

一般社団法人 パソコープ
2007年2月設立、2011年4月一般社団法人として運営開始。ICT教室の運営に役立つ教材提供をはじめ、教育ツール、コミュニケーションツール等の研究開発、販売および付随する関連業務が主な事業。全国165拠点(生徒数約13,480名)のパソコン教室がパソコープ会員として加盟。(2018年9月現在)
本部住所 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4階
本部電話番号 050-7550-1026
パソコープ http://pasocoop.org/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.