中国・深圳で行われている「深圳オープン」(ATP250/9月24~30日/賞金総額76万300ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第5シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)が元世界1位のアンディ・マレー(イギリス)を6-4 6-4で下し、ベスト4進出を決めた。

 直面した6つのブレークポイントのうち5本をセーブしたベルダスコは、マレーのサービスゲームを3度ブレークした。ベルダスコは最後の2対戦に勝ったことで、マレーとの対戦成績を3勝13敗とした。

 ベルダスコは次の準決勝で、予選から勝ち上がった日本の西岡良仁(ミキハウス)と対戦する。西岡はキャメロン・ノリー(イギリス)を7-6(2) 6-2で下した。

 そのほかの試合では、第7シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)が第4シードのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を6-3 7-6(7)で退け、ピエール ユーグ・エルベール(フランス)はアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)に6-7(6) 7-6(1) 6-4で競り勝った。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)
SHENZHEN, CHINA - SEPTEMBER 28: Fernando Verdasco of Spain competes in the quarter-final match against Andy Murray of Great Britain on day five of the ATP Shenzhen Open tennis tournament at Longgang Sports Center on September 28, 2018 in Shenzhen, Guangdong Province of China. (Photo by VCG)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.