「チャイナ・オープン」(中国・北京/9月29日~10月7日/賞金総額828万5274ドル/ハードコート)に、日本の大坂なおみ(日清食品)が出場する。世界ランク8位(9月4日付)の大坂は第8シードとなり、初戦の対戦相手は予選勝者かラッキールーザーの選手となった。

 今大会に3年連続出場となる大坂は、昨年の大会で初めて本戦入りし、1回戦でアンジェリック・ケルバー(ドイツ)に2-6 5-7で敗れていた。

 20歳の大坂は、先のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で日本テニス史上初めてシングルスでのグランドスラム制覇の偉業を達成。決勝では、グランドスラム23勝を誇るセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を6-2 6-4で倒していた。

 2週間前の東京(WTAプレミア/室内ハードコート)に第3シードで臨んだ大坂は、決勝で第4シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)に4-6 4-6で敗退。USオープンから続いていた大坂の連勝は「10」でストップし、地元日本での初優勝を逃していた。

 そのほかの日本勢は、加藤未唯(ザイマックス)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)と、青山修子(近藤乳業)がリジヤ・マロザバ(ベラルーシ)と組んでダブルスに出場。初戦の対戦相手は、加藤/二宮がリューメラ・キッシャノック(ウクライナ)/カタリナ・スレボトニク(スロベニア)、青山/マロザバはラケル・アトワー(アメリカ)/アンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)となっている。

 チャイナ・オープンはWTAツアーで年間4大会開催されるツアー最高格付け(プレミア・マンダトリー)の大会の最終戦で、シングルス61ドロー、ダブルス28ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

シモナ・ハレプ(ルーマニア)[1]
カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[2]
アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[3]
カロリーヌ・ガルシア(フランス)[4]
ペトラ・クビトバ(チェコ)[5]
エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[6]
カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[7]
大坂なおみ(日本/日清食品)[8]

※[ ]数字はシード順位

※写真は記者会見での大坂なおみ(日清食品)
BEIJING, CHINA - SEPTEMBER 28: Naomi Osaka of Japan attends a press conference on 2018 China Open at the China National Tennis Centre on September 28, 2018 in Beijing, China. (Photo by Emmanuel Wong/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.