ドイツ・ケルンで行われた「フォトキナ2018」のレポートです。展示ブースのレポートやプレスカンファレンスで行われた新製品の情報をお届けします。

ついに1億万画素超のデジカメ「GFX 100 MEGAPIXELS」が開発発表!

富士フイルムのプレスカンファレンスで同社の光学・電子映像事業部の飯田年久事業部長によるプレゼンテーションで100.2MP(1億200万画素)のデジタル中判カメラ「GFX 100 MEGAPIXELS」の開発発表を行った。

画像1: ついに1億万画素超のデジカメ「GFX 100 MEGAPIXELS」が開発発表!

展示ブースに鎮座していた「GFX 100 MEGAPIXELS」。センサーは43.8×32.9mmの裏面照射型を採用。プロユースに対応すべく防塵防滴・耐低温(-10℃)性能を備え、4K30P動画撮影撮影も可能にするようだ。

画像2: ついに1億万画素超のデジカメ「GFX 100 MEGAPIXELS」が開発発表!
画像3: ついに1億万画素超のデジカメ「GFX 100 MEGAPIXELS」が開発発表!

上掲のプレゼンテーションとは別日程で行われたプレス向け説明会で示された「GFX 100 MEGAPIXELS」の概要。同社ブースではその驚異的な解像力を示す作例も展示されていた。

画像4: ついに1億万画素超のデジカメ「GFX 100 MEGAPIXELS」が開発発表!

富士フイルムがあえて「35mmフルサイズ」ミラーレス機にアプローチしないのかを示すチャート。
ポスターや街頭ディスプレイの使用などプロ写真家が求める高画質、解像力はGFXシリーズでカバーし、Xシリーズでは小型・軽量ボディで機動性に富みながら、高画質も両立させるライナップを充実させていくという。ちょうど、その両方をカバーするのが今回発表された「GFX 50R」だ。

画像5: ついに1億万画素超のデジカメ「GFX 100 MEGAPIXELS」が開発発表!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.