アメリカンフットボールの関東学生1部TOP8第3節、立教大学と明治大学の試合が9月29日、アミノバイタルフィールドで行われ、明治大が17-0で立教大を完封した。悪コンディションの中で、明治大が終始ペースを握り、立教大に付け入る隙を与えなかった。

画像: 先制のタッチダウンを奪った明治RB#9福田は6回走51ヤード獲得(撮影:北川直樹)

先制のタッチダウンを奪った明治RB#9福田は6回走51ヤード獲得(撮影:北川直樹)

立教大学0-17明治大学@アミノバイタルフィールド<9月29日(土)>

 試合開始からインターセプトによる攻守交代が3シリーズ続いた乱戦だったが、両チームともに得点には至らず。第2Qの終盤に明治大がRB#9福田のランでタッチダウン(TD)を決めて先制した。明治大は第3QにK#37のフィールドゴール(FG)と、QB#4西本からWR#84川端へのパスでTDを追加し0-17と差を広げた。

 立教大は第4Q終盤に、攻撃のドライブがつながったが得点できず。55秒を残して攻守交代となり、明治大が時間を潰して試合終了となった。これで明治大は2勝1敗、立教大は1勝1敗となった。

画像: 立教大RB#2荒竹はタックルを外し奮闘したが得点には至らず(撮影:北川直樹)

立教大RB#2荒竹はタックルを外し奮闘したが得点には至らず(撮影:北川直樹)

画像: 明治大LB#1徳茂が立教大RB#21林にタックル。明治大は素早い集まりで立教大を抑えた(撮影:北川直樹)

明治大LB#1徳茂が立教大RB#21林にタックル。明治大は素早い集まりで立教大を抑えた(撮影:北川直樹)

画像: 明治大QB#4西本がニーダウンで時間を流し、試合終了となった(撮影;北川直樹)

明治大QB#4西本がニーダウンで時間を流し、試合終了となった(撮影;北川直樹)

【北川直樹】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.