ルール

RIZIN キックボクシング特別ルール : 3分3R / 延長1R(58.0kg)

試合結果

(WIN)那須川天心 vs. 堀口恭司(LOSE)
3R 判定 3-0

試合内容

画像1: 試合内容
画像2: 試合内容

1R、リング中央を取ったのは堀口。那須川は左ミドルを飛ばすとインローも。那須川は左のハイ、ストレート。左ハイがヒットする場面も。堀口は左のロングフック。フェイントをかけながらチャンスをうかがう堀口に那須川は左のパンチ。堀口は那須川の蹴りをさばいてパンチを狙う。

画像3: 試合内容
画像4: 試合内容

2R、那須川も構えを変えるそぶりを見せる。ローはお互いかわすと、那須川がカポエラキック。堀口は右ストレートから左フック。ハイキックは堀口がかわす。左フックを放った堀口が組む場面も。堀口の右ミドルにローキックの那須川。これがローブローとなり一時中断。再開後、那須川がワンツー。しかしまたもローが金的に。蹴りをキャッチして点灯させる堀口。パンチが交錯する中、那須川が倒れる場面もあったがこれがスリップ。

画像5: 試合内容

3R、蹴りを放つ那須川。堀口は右ハイ。パンチで突っ込む堀口に那須川がジャブ。堀口は飛びヒザも。那須川は胴回しをヒット。パンチ、ミドルで那須川が圧力をかけると左ミドル。ボディが効いたように見える堀口に、那須川はさらに胴回し。最後は那須川がラッシュをかけようとしたところに堀口が組み付き、試合終了。

画像6: 試合内容

判定は3-0で那須川。緊張感に満ちた攻防を制した那須川はホッとした表情を見せた。勝利者インタビューでは「堀口選手、キックのルールで闘ってくれたことを感謝します。ずっと憧れてた選手で、本当に緊張でいっぱいでした。こういう形で勝ちになりましたけど、成長できたと思います。これも堀口選手のおかげです。人間と闘ってるみたいじゃなく、獣みたいで。一つ間違えたら自分が負けるような試合でした。この夢のカードだからたくさんのお客さんが集まってくれた。堀口選手に感謝します。11月のRISEも勝って、年末につなげたい。そして最後に、KIDさんありがとうございました!」。

画像7: 試合内容

続いて堀口のインタビューが始まると、ファンから大拍手。「那須川くんでかいこと言ってごめんね(笑)。那須川くん、これからも日本の格闘技、盛り上げましょう。みんなが盛り上がって、自分も盛り上がって試合ができました。これからも日本の格闘技を盛り上げていきます」。

画像8: 試合内容
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.