こちらのブログを見ながらオンエアをお聴きいただくと、より番組を楽しむことができます!
なお、写真は全て特別な許可を得て撮影・使用しています。無断転載などはご遠慮ください。

画像: 第23回【OH!てらさんぽ】泉涌寺・前編

今回、訪れたのは、京都市・東山区にあります!
『 泉涌寺 』です!

画像: 今週と来週は「泉涌寺」をご案内します

今週と来週は「泉涌寺」をご案内します

画像: 総本山御寺泉涌寺執事 教学部長 渡邊恭章さんにインタビューさせていただきました。

総本山御寺泉涌寺執事 教学部長 渡邊恭章さんにインタビューさせていただきました。

画像: 泉涌水屋形。泉涌寺の名前の由来となった清泉がこの中にあるのです。

泉涌水屋形。泉涌寺の名前の由来となった清泉がこの中にあるのです。

画像: みんなでその清泉を覗き込む之図

みんなでその清泉を覗き込む之図

画像: 佛殿の屋根にある鬼瓦ですが、あるところから見上げると目が光るんです。

佛殿の屋根にある鬼瓦ですが、あるところから見上げると目が光るんです。

画像: 奥に見えるのが舎利殿です。10月7日午後2時から、こちらで須磨琴の奉納コンサートを行います。

奥に見えるのが舎利殿です。10月7日午後2時から、こちらで須磨琴の奉納コンサートを行います。

詳しくはホームページからも!

http://www.mitera.org

Ritsリポーター!

今現在、京都に住んでいる「若い目線のリアルな京都」も紹介します。
この番組でガッツリダッグを組ませていただいております!京都の「立命館大学」!!
そんな「立命館大学」の精鋭達をこの番組の「Ritsリポーター」として、
生の京都を紹介してくれるのが、
立命館大学・法学部・4回生 学園祭実行委員長の「鶴田大輝」さんです

画像: Ritsリポーター!

京都ワンポイント情報!!

先週、てらさんぽしました「清水寺」!
こちらでは昨日10月5日から慈心院(随求(ずいぐ)堂)の
本尊・大随求菩薩坐像がご開帳されています!
今年は西国三十三所 草創1300年ということで特別にご開帳されていまして、
安置されている随求堂内で公開する「居開帳」は222年ぶり!
期間も短く、次のご開帳は数百年後になるかもしれない貴重な機会です!
ご開帳の期間は10月15日までです!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.