ニンジャ125と共通のコンポーネントながら
カウルレスでさらに軽快な走りを実現

画像1: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現

待望の125ccフルサイズスポーツとしてカワサキがインターモトで公開した
ニンジャ125ですが、同時に発表されたのが、その兄弟モデルとなる
Z125。シャープなエッジを効かせたボディデザインは「スゴミデザイン」と
呼ばれるZシリーズの流れを汲んだもので、インパクトは十分です。

画像2: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現
画像3: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現

ご存知の方もいるかもしれませんが、ニンジャ125の兄弟車ということで、
ベースとなっているのはニンジャ250SLのネイキッド版である
Z250SL。こちらも軽量ボディを活かした、キレのいいフットワークを
身上としていたモデルです。実際に乗れるのはもう少し先になりますが、
このZ125もそうした「血統」を色濃く受け継いでいるはず。楽しみです。

画像4: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現
画像5: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現
画像6: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現
画像7: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現

DOHC4バルブの水冷125ccシングルエンジンは15PSを発揮、これを
ニンジャと同様の鋼管トレリスフレームに搭載します。
パワースペックはライバルと同等ではありますが、このZ125は
なんと言っても車重が146kgと非常に軽量。クイックな走りが
得意なのは説明するまでもなさそうです。

画像8: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現
画像9: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現
画像10: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現
画像11: ニンジャ125と共通のコンポーネントながら カウルレスでさらに軽快な走りを実現

実車は写真で見るよりもはるかにスリム。250ベースの車体ではありますが、
125ccクラスで見てもコンパクトでスリムな部類だと思われます。
メーターはコンパクトながら機能の充実した液晶デジタルですし、
リアサスはこのクラスとしては非常に豪華なリンク付きモノショック。
もう、期待は高まるばかりです。

日本での販売にも注目が集まるZ125。現時点では欧州向けモデルですが
今後の展開から目が離せない1台となりそうです。
本誌12月号でも、このZ125の最新情報を改めてお届けしますので、
どうぞお楽しみに!

SPECIFICATIONS
全長x全幅×全高 1935x740x1015mm
ホイールベース 1330㎜
シート高 815㎜
最低地上高 170mm
車両重量 146㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量 125㏄
ボア×ストローク NA
圧縮比 NA
最高出力 15PS/10000rpm
最大トルク 1.2kg-m/7700rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 11L
レイク角/トレール NA
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ290㎜ディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 100/80-17・130/70-17

画像: 【INTERMOT2018 ケルンショー】新型 KAWASAKI Z125 発表 youtu.be

【INTERMOT2018 ケルンショー】新型 KAWASAKI Z125 発表

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.