10PSのパワーアップと装備の充実で
本来の魅力をさらに磨いて登場!

画像1: 10PSのパワーアップと装備の充実で 本来の魅力をさらに磨いて登場!

水冷エンジンを搭載するボンネビルファミリーの第一弾として登場、
瞬く間に世界中で大ヒットを記録、トライアンフ大躍進の
原動力となった名機・ストリートツインが進化、今回の
インターモトで初公開されました。

画像2: 10PSのパワーアップと装備の充実で 本来の魅力をさらに磨いて登場!

そのアップデートのメインとなったのはエンジン。
各部の見直しなどで、なんと従来型から10PSもアップした
65PSを発揮。もともとの特性である、ハイトルク仕様に
変わりはありませんが、パワーアップし、許容回転数も
同時に500rpmほど上に広げたことで、気持ちのいいパワーフィールを
より幅広いエンジン回転域で楽しめるようになりました。
これは早く乗ってみたいですね!

画像3: 10PSのパワーアップと装備の充実で 本来の魅力をさらに磨いて登場!
画像4: 10PSのパワーアップと装備の充実で 本来の魅力をさらに磨いて登場!

パワーアップに合わせて足回りも充実しています。
ブレーキキャリパーにはブレンボを導入して、制動力を
より強力なものにしたほか、サイドカバーのロゴもモダンなものに進化。
性能だけでなく仕上げも一層上質となり、所有感もさらに高まりました。

画像5: 10PSのパワーアップと装備の充実で 本来の魅力をさらに磨いて登場!
画像6: 10PSのパワーアップと装備の充実で 本来の魅力をさらに磨いて登場!

電装関係も大きくアップデートされています。
走行状況に応じた最適な走りを実現してくれるライディングモードを採用、
ロードとレインの2モードが選べるほか、トラクションコントロールや
トルクアシストクラッチも採用。扱いやすさにも磨きをかけています。
テールランプにはLEDを採用して、明るさと上質さを両立させ、
シート下にはUSBチャージソケットを装備、使い勝手も向上させました。

画像7: 10PSのパワーアップと装備の充実で 本来の魅力をさらに磨いて登場!

そして、トライアンフと言えば忘れてはいけないのがカスタム。
世界のオーナーの9割近くが、アクセサリーを装着して
自分だけのトライアンフを楽しんでいる、というだけあって、
新型ストリートツインにも140種類を超えるカスタムパーツを用意。
会場にもカスタムビルダー「D'FACE'」のペイントを施したタンクを
装着したカスタマイズが登場、注目を浴びていました。

早く日本に導入してほしい、新型ストリートツイン。
詳細は本誌12月号でたっぷりお見せしますのでお楽しみに!

SPECIFICATIONS
全長x全幅×全高 2090x785x1114mm
ホイールベース 1415㎜
シート高 760㎜
最低地上高 NA
車両重量 198㎏
エンジン形式 水冷4ストOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 900㏄
ボア×ストローク 84.6x80mm
圧縮比 11.0
最高出力 65PS/7500rpm
最大トルク 80Nm/3800rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 12L
レイク角/トレール 25.1度/102.4mm
変速機形式 5速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ310㎜ディスク・φ255㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 100/90-18・150/70R17

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.