独自に考案した「ツイスト打法」で300ヤード以上飛ばす“雑巾王子”こと武市悦宏。武市が考案したツイスト打法練習ドリルに登場する「右足のつま先の動き」、実はアプローチにも効果があるという。自身の著書「オレって、こんなに飛んだっけ?」より、ザックリしないアプローチの打ち方をご紹介。

練習場にすら行く必要なし、自宅でできる究極のツイスト打法体感器具をご紹介! その名は、タオル。冗談抜きに、タオルは「右折(編注:ハンドルを右に切るようなバックスウィングでの腕の動き)」と「左折(編注:ハンドルを左に切るようなダウンスウィングでの腕の動き)」の感覚をつかむにはもってこいの練習器具になるんだ。

やり方は簡単。長さ50~70センチくらいのごくごく普通のタオル(銀行の『粗品』なんかでもらうやつがベスト!)の先端を結んで球にして振るだけ。これを、下半身リードを意識したボディターンと、右折と左折の動きで振るツイスト打法、ふたつのやり方でやってみてほしい。

感じてほしいのは、インパクト前後でのスピード感。タオルみたいな軽いものは、ツイストで結び目を作ったヘッド(先端)側にエネルギーを送り込んでやらないと速く振れないことがわかるはず。上手くツイストできれば、タオルだってビュン! っていう迫力のある音で振れるはずだからね。

イマイチ実感できないという人には、プラスワンポイントのアドバイス。タオルを振るとき、ダウンで左折している真っ最中に、右足のつま先をパッと45度くらい開いてみて。結んだタオルの先端がビャーッ、ってすごいスピードで走るのがわかると思うから。右足を開くことで、強制的にツイストを起こすってわけ。

これは、タオルだけじゃなくて、ぜひアプローチでもためしてみてほしい。はじめに、いつもの自分の打ち方で30ヤードを打つ。そのあとに、打ち方自体はいつもどおりで構わないから、インパクト直前に右足のつま先だけ素早く45度開く。やってみるとわかるけど、こうやって打ったらザックリなんてしようがない。フェースをローテーションさせるってことは、それだけクラブのソールを使うってことでもあるからね。

画像: アプローチでインパクトの瞬間に、右足つま先をグッと右に向けてみよう。スパイクが噛むので、「右に向けよう」とするだけでも効果がある

アプローチでインパクトの瞬間に、右足つま先をグッと右に向けてみよう。スパイクが噛むので、「右に向けよう」とするだけでも効果がある

いずれにせよ、アプローチに右折と左折の動きを取り入れるだけで、ソールから接地したときの驚くような抜けのよさが体験できるはずよ。驚くのはそれだけじゃない。なぜって、自分では30ヤードの感じで振っているのに、40ヤードくらい飛んじゃうから。

たったこれだけの動きで、飛距離30→40ヤードにアップする。つまり、飛距離が約1.3倍になっちゃうわけ。これをドライバーに当てはめてみてよ。ドライバーのキャリーが220ヤードの人だったら、286ヤード飛ぶ計算になる。つまり66ヤードも飛距離アップするわけだわ。これは机上の計算だけの話じゃないのよ。左折の動きによるフェースターン、そしてツイストによるヘッドスピードのアップ。このふたつが組み合わさったら、当然の結果なんだ。

しかも、ヘッドがターンしているから、球筋は必ずドロー系になる。スライスを打ってる人がドロー系の球筋を打ったら、何が違うってランの量が全然違うから、落ちてからの転がりまで計算に入れたら……?

あ、ちなみに右足のつま先の開く打ち方は、ドリルでもなんでもなくて、本番でも使っていい立派な技術。欠点はちょっとカッコワルイことだけだから、どんどんためしてみて。

でもね、右折と左折って言ったって、手首だけでやってもそら飛ばんのだわ。あくまで、生レモンサワーを絞るように、腕の付け根から動かして、右折と左折をしてね。やってもらえればわかるけど、そうするとヘッドには“でら”遠心力がかかって、カラダは勝手に動くから。はっきり言って、意識的にボディターンスウィングするよりよっぽど大きくカラダが動く、いや、動かされるんじゃないかな~。

あと、右足つま先を開く打ち方は、グリーン周りでザックリしちゃう人には絶対的にオススメ。普段のアプローチより飛距離が出ちゃうから、距離感だけ練習場でつかんでおく必要があるけど、これで寄せワン連発間違いなし!

「オレって、こんなに飛んだっけ?」(ゴルフダイジェスト新書)より

撮影/姉崎正

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.