2018年8月25〜26日に三菱自動車主催のイベント、PLAY THE NATURE! TOURE2018「クルマの学校 ラフロード篇」が開催された。ここに参加していたデリカオーナー7組に話を聞くことができたので、ひと組ずつ紹介していこう。今回は第1回目だ。
画像: 8月26日に行われた、PLAY THE NATURE! TOUR2018「クルマの学校 ラフロード篇」には14組のデリカオーナーが集結して、一日を楽しんだ。

8月26日に行われた、PLAY THE NATURE! TOUR2018「クルマの学校 ラフロード篇」には14組のデリカオーナーが集結して、一日を楽しんだ。

このイベントは、三菱自動車のウェブサイト上から応募した合計26組(2日間)のデリカオーナー限定で、オフロード体験をするというもの。オフロード走行の基本を、パリ〜ダカールラリーでの総合優勝で有名な増岡浩さんなどの講師陣から学ぶのが主旨だ。もちろんそれだけでなく、バーベキューランチなど家族で楽しめるイベントとなっているのも特徴。

当日、本編集部では、ここに参加したデリカオーナー7名へインタビューを敢行し、ご自身のデリカの魅力や当日のオフロード走行体験について語っていただいたので紹介しよう。第1回は東京からご参加の中川さんだ。

デリカ歴は4年くらい。最近のミニバンとはひと味違うのが魅力

画像: デリカ スペースギアを愛用する中川さん(右)とご家族。デリカ D:5との比較もできてご満悦の様子。

デリカ スペースギアを愛用する中川さん(右)とご家族。デリカ D:5との比較もできてご満悦の様子。

編集部(以下、編):デリカ歴はどれくらいなのですか?

中川さん(以下、中):三菱のクルマは長いですけれどデリカは4年くらいです。

編:デリカスペースギアのどんなところが気に入っていますか?

中:普通のミニバンとはちょっと違って、4駆で力強いような感じのところです。車高も高いですし、今のミニバンとはひと味違うところがすごくかっこいいんじゃないかなと思います。これはレンタカーですが、私の会社(レンタカー業)のものです。今回乗ってきたスペースギアは基本的にノーマルです。もう一台あるんですけど、そちらはお客さんが地質調査をされる関係で、かなり泥の深いところに行かれるような使い方をしています。タイヤはBFグッドリッチ製に交換していますが、そういう場所はデリカじゃないといけません。ちなみに、うちの息子はパジェロに乗っています。

画像: このスペースギアは基本的にノーマル。ただ、レンタカー業を営む関係からタイヤを交換したクルマも所有。それでお客さんのヘビーデューティな使用用途にも応えているという。

このスペースギアは基本的にノーマル。ただ、レンタカー業を営む関係からタイヤを交換したクルマも所有。それでお客さんのヘビーデューティな使用用途にも応えているという。

デリカD:5はフラットダートで乗りやすい。乗っていて凄く楽です。

編:今日、デリカD:5に乗った感じはいかがですか?

中:新しくなってすごく乗りやすいです。足もまったく違う。私のスペースギアとは動きも違うし、乗っていても楽ですね。今回はフラットダートセクションを走りましたが、明らかにデリカD:5の方が乗りやすいです。少なくとも雪の上とか一般的に使うようなダートだったらとても乗りやすくなりましたね。ただ、これが傾斜が凄くきついセクションを走ったらまた違うかもしれないですね。

編:ありがとうございました。

■写真:原田淳

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.