監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの≪シネマプロジェクト≫第7弾作品、上田慎一郎監督待望の商業用 長編デビュー作『カメラを止めるな!』。
6/23(土)に都内2館で公開が始まって以降、多くの観客に愛され、動員数180万人を突破!!
10/5時点での累計上映決定館数は335館(上映中の劇場は242館)にのぼり、“カメ止め旋 風”はまだまだ止まりません!!

とどまるところを知らないカメ止め旋風は、海を渡り、海外も席巻!!

この度、世界三大ファンタスティック映画祭のひとつ、第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭のステージにキャスト7名が登壇!!その喜びを爆発させました。

画像1: とどまるところを知らないカメ止め旋風は、海を渡り、海外も席巻!!
画像2: とどまるところを知らないカメ止め旋風は、海を渡り、海外も席巻!!

『カメラを止めるな!』が出品されているのは同映画祭のファンタスティック・ディスカバリー部門。ファンタスティ ック・セレクションの一部門にあたるファンタスティック・ディスカバリー部門は新しい才能を発掘するという本映画祭 の目標のため、新人作家に焦点を当てる部門です。

10/4-14(現地時間)で開催されている同映画祭に出品されている長編日本映画(海外合作を除く)は、オービタ部門 の『孤狼の血』、ファンタスティック・コンペティション部門「斬」と本作の3作品のみです。

ジャンル映画の祭典とも言うべき同映画祭の舞台に立った7名のキャストは、「ファンの皆さんが撮った写真や動画 をSNSにあげて頂くことを頼りにして、ここまで来ました」「皆で一緒にゾンビポーズしましょう!」「海外の皆さんの反応はヒヤヒヤでワクワクでとても勉強にもなります」「初めて海外に来ました。そして初めて来た場所がこの映画祭でとても嬉しいです!」と感謝・感動の言葉を次々に述べ、遠くスペインの地で湧き起こった爆笑&絶賛、熱狂のスタンディングオベーションに喜びを爆発させました。

【第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭】
◆日時:10月5日(金)19:30~(現地時間)/10月6日(土)26:30~(日本時間)
◆登壇者:
しゅはまはるみ、長屋和彰、大沢真一郎、吉田美紀、浅森咲希奈、
山口友和、白岡優

画像1: 【第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭】 ◆日時:10月5日(金)19:30~(現地時間)/10月6日(土)26:30~(日本時間) ◆登壇者: しゅはまはるみ、長屋和彰、大沢真一郎、吉田美紀、浅森咲希奈、 山口友和、白岡優

《登壇の様子》
1回目の公式上映は300名ほどの会場が超満席で、上映前から熱気に包まれていた。
上映前舞台挨拶では、7名のキャストが大きな歓声と拍手で迎えられた。 最初にマイクを持った日暮晴美役のしゅはまはるみは「この映画は宣伝費がない映画でしたので、ファンの皆さん が撮った写真や動画をSNSにあげて頂くことを頼りにして、ここまで来ました」とファンへの感謝の気持ちを述 べた。
神谷和明役の長屋和彰は「ここにいる皆さんと、この映画の上映を決めてくださった映画祭の皆さんに感謝しています。是非楽しんでください。最初に映るのが私です!」とすべてスペイン語で挨拶。 古沢真一郎役の大沢真一郎は、「シッチェスに来られて、こんなに素敵な街に来られて、本当に嬉しく思っており ます。96分観終わった後、皆たぶんゾンビポーズしたくなる作品なので、皆で一緒にゾンビポーズしましょう!」と笑いを誘った。
吉野美紀役の吉田美紀は「日本ではもう上映が100日を超えており、今日初の地・スペインでの上映となりますが、海外の皆さんの反応はヒヤヒヤでワクワクでとても勉強にもなります。ぜひ私たちを、そして上田慎一郎の世界をとくとご覧ください!」と監督に敬意を表した。
松浦早希役の浅森咲希奈は「私は23歳ですが、今回、初めて海外に来ました。そして初めて来た場所がこの映画祭でとても嬉しいです! ぜひ映画を楽しんでください」と報告し、喝さいを浴びた。
谷口智和役の山口友和が「皆さんにお会いできて、幸せです。スペイン大好きです! ありがとう」とスペイン語で 挨拶すると大きな笑いがおこった。
白丘AD役の白岡優は「この映画とこの映画祭に関われたことを誇りに思います。今日は楽しんでください!」とこちらもスペイン語を披露し、歓声に包まれた。
上映中は、大きな笑いと大きな拍手の連続で、まさに“絶叫上映”状態!エンドロールが始まるや否や、スタンデ ィングオベーションが巻き起こり、会場が明るくなっても続き、爆笑! 絶賛!熱狂の夜となった。
翌10月6日(土)は、ヨーロッパおよびアジア各国のプレスインタビュー、各国の老若男女のゾンビが入り乱れ て盛り上がる“ゾンビウォーク”! そして深夜25時からは『カメラを止めるな!』をはじめとする5作品を上 映するゾンビオールナイトイベントが1500席の大ホールで行われ、本編終映後にロビーに出ると50人を超える 世界中の「カメ止め」感染者に熱狂的にむかえられるなど、「カメ止め」旋風は海を渡り、スペインも席巻している!

画像2: 【第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭】 ◆日時:10月5日(金)19:30~(現地時間)/10月6日(土)26:30~(日本時間) ◆登壇者: しゅはまはるみ、長屋和彰、大沢真一郎、吉田美紀、浅森咲希奈、 山口友和、白岡優

『カメラを止めるな!』予告

画像: 社会現象化!感染が止まらない!『カメラを止めるな!』予告 youtu.be

社会現象化!感染が止まらない!『カメラを止めるな!』予告

youtu.be

[STORY]
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK
を出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバ イバル!” ......を撮ったヤツらの話。

監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子、
浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき
撮影:曽根剛|録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助| 主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治 製作:ENBU
ゼミナール 配給:アスミック・エース=ENBUゼミナール
96分/16:9/2017年
©ENBUゼミナール

大ヒット! 全国感染中

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.