10月12日(現地時間)、ホンダが北米で展開する高級車ブランド=アキュラは、伝説の自動車イラストレーター、Shin Yoshikawa (吉川信)が手描きで描いたNSXの透視図を公開した。
画像: これが手描きなんて!…デジタルカメラで撮った画像をイラスト風に加工することが増えているが、吉川氏は綿密な実車取材を元に作画に取りかかる。もちろん、写真をトレースしたりはしない。

これが手描きなんて!…デジタルカメラで撮った画像をイラスト風に加工することが増えているが、吉川氏は綿密な実車取材を元に作画に取りかかる。もちろん、写真をトレースしたりはしない。

日本では知る人ぞ知る存在の吉川氏は、現在カリフォルニアを拠点に創作活動を続ける自動車アートワークの第一人者。その緻密な作品は世界中にファンがいる。カタログなどに掲載されることも多く、一度は目にしたことがある人も多いはずだ。

まずはこの透視図を拡大してみて欲しい。アウトラインには一切の狂いもなく、点描で表現されたメカニズムの質感は、これが手描きで描かれたとは思えないほど重厚だ。今回、吉川氏は新型NSXを手掛けるにあたり、実車を徹底的に調べて上げ、何を表示するかを決定したという。さらに驚くのは、写真を元に絵を起こすのではなく、メモや記憶から大部分を引き出す独特の作風だ。

「車両を作るための技術を理解していなければ、それを描くことはできない」とは吉川氏のコメント。デジタルでは不可能な吉川氏の世界観。しばしお楽しみください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.