三島由紀夫原作、東出昌大さん主演の舞台『豊饒の海』で、初共演する首藤康之さんと宮沢氷魚さん。バレエダンサーとして、世界的振付家の作品に数多く出演し、国際ダンスフェスティバルなど、海外公演にも多数出演する首藤さんと、大学2年間をカリフォルニアで過ごした宮沢さんは、いざ “旅” の話になると、相手の冒険心を刺激し合うことに……。

 
▼前ページはこちら!

 

長く東京に住んで、
公演で世界中を回っても、
一番落ち着く場所は故郷(首藤)

――10代の頃から、バレエの公演で全世界を回っている首藤さんですが、お仕事以外で旅に出ることはありますか?

首藤:ごく稀に、ですね。1年に1回か、2年に1回ぐらい。行き先はニューヨークが多いです。休みが取れたとして、せいぜい1週間か10日だし、僕の場合は、レッスンをする場所がないとダメなのでなかなか長期間の旅には出られません。でも、仕事でヨーロッパはあちこち回っていました。

 
――仕事でヨーロッパを回る時の楽しみは? 

首藤:ヨーロッパ、特にイタリア、スペイン、フランスなら、どんなに小さい街でも、必ず劇場があって、街に住んでいる人たちは、その劇場が世界一だと思っている。

イタリアで、劇場までの行き方がわからなくて、バールなんかに入ると、もうお客さんから店の人から全員で集まって、あっちだこっちだって教えてくれるんですよ。街と劇場がつながっているところが、ヨーロッパは素敵だなと思う。観にくる観にこないは別にして、その劇場で今日何をやっているか、街の人が全員知っていたりしますからね。

公演が終わった後も、あちらでは20時~21時開演が普通なので、終演も22時~23時と遅いんですが、レストランに行っても、公演を観にきていたお客さんからイタリア語でバーッてまくしたてられたりします。たぶん感想を伝えてくれてると思うんですが、何を言っているかはわからない(笑)。

 
――表現者ならではの体験ですね。

首藤:プライベートで行くのは、どうしてもダンスレッスンが毎日できるニューヨークになってしまいますね。友達もいるので。オープンクラスでレッスンをして、劇場でバレエや舞台を観たり。とにかく劇場が好きなんです。
 

画像1: 長く東京に住んで、 公演で世界中を回っても、 一番落ち着く場所は故郷(首藤)

――宮沢さんがアメリカにいたのは、何年ですか?

宮沢:2年です。

 
――その間に旅行は?

宮沢:ボロボロの、安い中古車を買って、2週間ぐらいロードトリップをしたことが、とてもいい思い出です。カリフォルニアは広いので、2週間でネバダ、アリゾナを回ったら、やることといえばほぼ運転でした(笑)。友達と交代しながら、1日8時間ぐらい運転して。

ロードトリップのために買った車とはいえ、その2週間の旅で車がダメになりました(笑)。それくらい、過酷な旅だったんです。デスバレーの砂漠の道を走っているときに、最高で気温が55度になったこともあります。

首藤:で、夜になると急に寒くなるんだよね(笑)。

宮沢:そうなんです! 見たこともない虫にも遭遇しました。デスバレーって蝉くらいの大きさのハエがいるんです。最初、蜂かなとおもったんですが、現地の人にきいたらハエで。そういう、未知との遭遇が多かったです(笑)。ほかには、グランドキャニオン、セドナ、ヨセミテを回って。

首藤:国立公園ばっかりだね(笑)。

宮沢:僕は、人もいない、アミューズメントも何もない、ただ自然しかない、みたいな場所が結構好きなんです。ただ、山を眺めているだけで、すごく身体の中にエネルギーが湧いたり、余計なものが排出されてリセットされたり、癒やされたり、無になれたりするんです。

カリフォルニアの旅でも、一緒にいた友達と山に登って、太陽が移動して、日の感じで景色が変わっていくだけの大自然の中で、何時間も過ごしていました。もちろん、その前後では面白い虫や動物と出会ったり、現地の人と話をしたりはしたんですが。

自然が好きですね。大学の卒業論文も、東京都内の川の環境変化について書いたくらい(笑)。明治から平成にかけて、東京の川がどう変わっていったかを研究して、まとめました。

 
――そういう勉強はどういう学科で?

宮沢:分類するとしたら環境学ですね。

 

NEXT≫「宮沢がパワーチャージしたい時に見る“○○の写真”」
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.