「ロレックス・パリ・マスターズ」(ATP1000/フランス・パリ/10月29日~11月4日/賞金総額544万4985ユーロ/室内ハードコート)のシングルス3回戦で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)の途中棄権で準々決勝に進出した。ジュムホールは、ジョコビッチに1-6 1-2とリードされた時点でリタイアした。

 第1セット終盤に長いマッサージを受けたジュムホールは、プレーを続けるためコートに戻ったときには大声援を受けた。しかしそこから数ゲームをプレーしたあと、彼はついにプレーを止めた。ジョコビッチは試合を完全にコントロールしており、一度もブレークチャンスを与えず、相手のサービスゲームを3度ブレークした。

 前日にラファエル・ナダル(スペイン)がリタイアしたため、この大会の成績が今後どのようなものになろうと、来週に世界1位の座に返り咲くジョコビッチは、準々決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

 第5シードのチリッチは、第1セットを取るのに6つのセットポイントを要した競り合いの末に、第9シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を7-6(5) 6-4で下した。

 チリッチはタイブレークで一時4-5と劣勢に立たされたが、続くディミトロフのサービスからの2ポイントの双方を取り、最後は自らのサービスでセットをものにした。

 彼は、いきなりディミトロフのサービスをブレークすることによって第2セットを始め、そのあとは試合をコントロールした。ディミトロフがバックハンドをネットにかけて、チリッチが最初のマッチポイントをつかんだが、チリッチは走りながら打ったフォアハンドをネットにかけ、そのチャンスを逃してしまう。

 ディミトロフは、今度はフォアハンドをネットにひっかけ、チリッチに2番目のマッチポイントを与えたが、強力なサービスによって、これもセーブした。

 そして、8本目のサービスエースで3番目のマッチポイントを手に入れたチリッチは、ディミトロフがやや打ちそこないのようなフォアハンドをサイドに外した瞬間に、勝負は決まった。

 より遅い時間帯には、ロジャー・フェデラー(スイス)が、ファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦する。

 フェデラーは、キャリア100勝目となるタイトルを追っている。

 一方のジョコビッチは、実現すれば記録更新となる、5度目のパリ・マスターズ優勝を目指している。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
PARIS, FRANCE - NOVEMBER 01: Novak Djokovic of Serbia plays a forehand in his Round of 16 match against Damir Dzumhur of Bosnia during Day 4 of the Rolex Paris Masters on November 1, 2018 in Paris, France. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.