2018年11月2日、新型ポルシェ マカンの予約受付が開始された。装備を充実させた特別仕様からデリバリーが開催される予定。

大幅改良によって、さらに魅力的に進化

2018年10月に中国・上海でワールドプレミアされた新型ポルシェ マカンが、いよいよ日本に導入されることになった。

新型マカンはビッグマイナーチェンジと言えるモデル。フロント部に鋭角的な開口部のエアインテークとスポイラーが備わり、新たにLEDヘッドライトが装備されているのが特徴。一方、リアまわりは左右のテールライトがバーで繋がり、よりスポーティなデザインとなっている。

インテリアはさらに進化が著しく、GTステアリングホイールや10.9インチタッチスクリーンディスプレイなどで大幅にアップグレードされている。もちろんコネクティビティ系も新しいPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント)が搭載され、ADAS系も充実したものになっている。

今回まず発表されたのはベーシックモデルの「マカン」で、パワーユニットは2L直4ターボエンジン+7速PDK(DCT)+4WDを搭載。この後、3L V6ターボ仕様、2.9L V6ツインターボ仕様が登場する。

「マカン」の車両価格は699万円と発表されているが、装備を充実させた「ファーストエディション(889万2000円〜932万6000円)」、「シュポルトエディション(916万4000円〜959万8000円)」からデリバリーが開始される予定となっている。

画像: 左右のテールライトがバーで繋げられ、リアの印象は大きく変わった。

左右のテールライトがバーで繋げられ、リアの印象は大きく変わった。

画像: コネクティビティ系、ADAS系が大きく進化している。

コネクティビティ系、ADAS系が大きく進化している。

ポルシェ マカン 主要諸元

●全長×全幅×全高=4696×1923×1624mm ●ホイールベース=2807mm ●エンジン=直4DOHCターボ ●排気量=1984cc ●最高出力=245ps/4500-6800rpm ●最大トルク=370Nm/1500-4500rpm●トランスミッション=7速DCT ●駆動方式=4WD ●車両価格=699万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.