2018年11月1日、富士スバルはラリードライバー新井敏弘選手が監修したカスタマイズモデル、「スバル WRX STI TC380」を50台限定で発売すると発表した。

競技フィールドで培ったノウハウをカスタマイズにフィードバック

富士スバルは、群馬県前橋市に本社があるスバルの販売ディーラーだ。同社では、世界ラリー選手権(WRC)や全日本ラリー選手権(JRC)で活躍する日本を代表するラリードライバーである新井敏弘選手の監修のもと、新井選手が競技フィールドで培ったノウハウを新車カスタマイズにフィードバック・実用化したカスタマイズカーを発売する。

その名は「WRX STI TC380」。50台の限定モデルだ。2018年11月3日から受注を開始する。

画像: 今のところ、この画像しか公開されていない。

今のところ、この画像しか公開されていない。

スバル WRX STIをベースに、以下のようなカスタマイズがされている。

・HKS製 GTIII RS スポーツタービンキット
・HKS製 スーパーターボマフラー
・HKS製 メタルキャタライザー
・アライモータースポーツ社製 フロントメンバーブレース
・アライモータースポーツ社製 RQAエアーフィルター
・TC380専用 RECAROスポーツシート(シリアルID付)
・TC380専用 カーボンリップスポイラー

希望小売価格は、税込み496万5840円。ノーマルのSTIより100万円以上、タイプSよりも90万円以上高いが、それだけの価値はあるモデルに仕上がっているのだろう。

画像: ベース車両のWRX STI。

ベース車両のWRX STI。

残念ながら、ここで紹介しているエンブレム以外の写真は公開されていないが、専用サイトは近日公開予定という。続報がわかり次第、Webモーターマガジンでも紹介する予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.