「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の本戦8日目は、女子シングルス決勝および男子シングルスと女子ダブルスの準決勝が行われた。

 女子シングルス決勝は、第1シードの清水綾乃(Club MASA)が第15シードの澤柳璃子(リンクス・エステート)を6-0 7-6(6)で下して優勝を果たした。

 男子シングルスは、第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)が第8シードの関口周一(Team REC)を6-4 6-3で、第2シードの徳田廉大(フリー)は第7シードの上杉海斗(江崎グリコ)を7-6(3) 6-4で破り、決勝はトップ2シードの対戦となった。

 女子ダブルスでは、ともにノーシードの内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)/林恵里奈(福井県スポーツ協会)と寺見かりん(テニスユニバース)/首藤みなみ(スポーツクリエイト)が決勝進出を決めた。

 大会最終日の11月4日(日)は11時00分から、男子シングルスと男女ダブルスの決勝が行われる予定。

 全日本テニス選手権は男女シングルス各48ドロー、男女ダブルス各28ドロー、ミックスダブルス8ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

センターコート

第1試合|女子シングルス決勝

○1清水綾乃(Club MASA)[1] 6-0 7-6(6) ●57澤柳璃子(リンクス・エステート)[15]

第2試合|男子シングルス準決勝

○64徳田廉大(フリー)[2] 7-6(3) 6-4 ●33上杉海斗(江崎グリコ)[7]

第3試合|男子シングルス準決勝

○1伊藤竜馬(北日本物産)[1] 6-4 6-3 ●32関口周一(Team REC)[8]

コート1

第1試合|女子ダブルス準決勝

○28内島萌夏/林恵里奈(昭和の森ジュニアテニススクール/福井県スポーツ協会)6-4 6-1 ●22守屋友里加/長谷川茉美(テニスユニバース/伊予銀行)

第2試合|女子ダブルス準決勝

○5寺見かりん/首藤みなみ(テニスユニバース/スポーツクリエイト)1-6 6-3 6-4 ●9澤柳璃子/藤原里華(リンクス・エステート/北日本物産)[3]

※写真は男子シングルス準決勝で対戦した徳田廉大(フリー/左)と上杉海斗(江崎グリコ/右)
撮影◎江見洋子

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.