第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作 品「アマンダ(原題)」が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!!

便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。
しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していくストーリー。
今年フランスで主演作が3本公開される大注目の若手俳優ヴァンサン・ラコストを主演に迎え、恋人役には『グッ バイ・ゴダール』のステイシー・マーティン、さらにアマンダ役には今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトゥリエが好演している。

映画祭の上映会場では、涙と感動で温かな空気に終始包まれ、SNSでは「誰もが彼らの心に寄り添って 観られる映画」「観終わった今でも涙が止まらない!」など熱い感想が続々とあがっていた。

画像: 第31回東京国際映画祭-東京グランプリそして最優秀脚本賞の2冠に輝いた『アマンダ』!日本公開も決定!!

美しいパリを舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく丁寧に紡いだストーリー、そして全 ての人びとの心に寄り添う普遍的なテーマが評価され、見事W受賞へと輝いた。「アマンダ(原題)」は、来年2019年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開する。

審査委員長 ブリランテ・メンドーサ監督 コメント
本作は、一見シンプルに見えるものの決して単純な作品ではなく、私たちの心をとても強く惹きつけ、複雑な人間の感情を映画として体験させてくれる素晴らしい作品だ。

ミカエル・アース監督 動画コメント
受賞に慣れていないのに二つも受賞し、しかもひとつはグランプリと、大変幸せで誇りに思います。一緒に映画祭に参加した プロデューサーのピエール・ギュイヤールとこの賞を受賞した喜びを分かち合います。そしてヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレーらの俳優たちとも。観客のみなさんとは、作品上映後に素晴らしい議論が交わせました。地球の反対側くらい離れていても映画が人々を感動させる、これ以上大きなご褒美はありません。みなさんの情熱と寛大さに感謝します。改めてメンドーサ監督、そして素晴らしい審査員のみなさんのご厚意に感謝します。同席できないことが残念ですが、また日本でみなさんと再会して交流し、議論できる日が待ちきれません。

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ 撮影監督:セバスチアン・ブーフマン 音楽:アントン・サンコー
出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、ジョナタン・コーエン、グレタ・ スカッキ
2018 年/フランス/107 分/原題:AMANDA/
配給:ビターズ・エンド

2019 年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.