永年に渡り自動車の発展と、人々の生活との関わりをつぶさに見つめてきた自動車ジャーナリストを中心に構成される非営利組織「クルマ塾」が開催する、レジェンドに学ぶものつくりの真髄セミナー。第4回は「パリダカのギネスホルダー、菅原義正氏とプリウスPHVの伝道師、横田紀一郎氏によるスペシャル・トークショー」を12月2日に開催する。

パリダカを走破した日野レンジャーやサハラ砂漠を横断したプリウスPHVも展示!

「クルマ塾」とは、立風書房/モーターマガジン社OBの清水猛彦氏をはじめ、永年に渡り自動車の発展と、人々の生活との関わりをつぶさに見つめてきた自動車ジャーナリストを中心に構成される非営利組織だ。

クルマ塾では自動車メーカーのレジェンドによる講演会&トークショーを実施している。第4回目となる12月2日(日)は、トヨタメガウェブを会場に、パリダカ(パリ〜ダカール・ラリー)のギネスホルダーである菅原義正氏と、プリウスPHVの伝道師である横田紀一郎氏を迎えてスペシャル・トークショーを開催する。

画像: 菅原義正氏

菅原義正氏

日本レーシングマネージメント(株) 取締役会長/1941年生まれ
1983年、41歳で初めてパリダカに二輪で出場。
1992年、日野自動車との出会いによりトラック部門で新たな挑戦をスタートさせ、トラック部門の総合準優勝6回、クラス優勝7回、2009年大会までの完走率は100%を誇る。
2009年に認定されたギネス記録の「連続出場」は現在も更新中である。

画像: 横田紀一郎氏

横田紀一郎氏

職業:プロドライバー(肩書:自動車環境探求家)
1999年の夏、アメリカ大陸の環境保護の最前線をプリウスで巡るエコミッションを推進。
2001年、プリウスでサハラ砂漠第3ルート走破に成功。その後、北京〜パリ横断をはじめ、約10年の歳月をかけてプリウスで5大陸を走破。
2018年、新型プリウスPHVで2月末にパリを出発、3月中旬にダカールにゴール。

ゲスト・コメンテーターは両氏と親交の深い、国際スポーツプレス協会会員の寺田昌弘氏。
MCは、女性モータージャーナリストの竹岡圭さんと吉田由美さん。

当日は会場に、パリダカを走破した日野レンジャーと、サハラ砂漠を横断したプリウスPHVを展示予定だ。

画像: パリダカに参戦した日野レンジャー(写真はイメージです)

パリダカに参戦した日野レンジャー(写真はイメージです)

日時:12月2日(日) 13時〜17時(12時半開場・受付開始)
会場:MEGA WEB(メガウェブ)1階 トヨタシティショウケース

入場は無料だが事前登録が必要なので、申し込みはクルマ塾のサイトへ。
実車も展示してのスペシャル・トークショー。参加希望の方は、お早めに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.