アマチュア女子テニスの最高峰「ソニー生命カップ 第40回 全国レディーステニス大会」(11月8~10日/東京都昭島市・昭和の森テニスセンター/砂入り人工芝REDコート)の大会2日目は3回戦と準々決勝が行われ、大阪、埼玉、愛知、福岡が準決勝に進出した。

 この日、ベスト4一番乗りは大阪。3回戦、準々決勝ともにD3、D2で連勝して早々に勝負を決めた。1回戦から4試合でひとつもセットを落とさず、すべて3-0で勝ち上がってきた唯一のチームだ。

画像: 大阪の真貝真弓/高橋千佳(写真◎菅原淳)

大阪の真貝真弓/高橋千佳(写真◎菅原淳)

 大阪以外の3チームは強雨による中断を挟み、インドアのカーペットコートに移動して決着をつけた。インドアで大阪に続いたのは埼玉。こちらもD2、D3が連勝して勝利を決め、D1の中村優子/柴本美有紀は1セットダウンから逆転して3連勝とした。

画像: 埼玉の中村優子/柴本美有紀(写真◎菅原淳)

埼玉の中村優子/柴本美有紀(写真◎菅原淳)

 京都対愛知は最初に愛知のD2笹川佳倫/岩田伸枝が前田紗代子/池永優子に6-2 6-1で完勝。D3は京都の山地美幸/髙野麻由がスーパータイブレークの末に制して1勝1敗に持ち込んだ。

 D1は愛知の泊沙知/桑原諒子が3-1でリードして室内へ移動。だが、2人は初めてのカーペットコートに戸惑い、3-4と逆転されてしまう。砂入り人工芝用のシューズではグリップが効きすぎたため、途中でハードコート用に履き替えて徐々に対応すると、3ゲーム連取で第1セットを先取。

 第2セットはペースをつかんだ泊/桑原がタイミングのいいポーチを決め、相手の強烈なボレーも鋭い反応で返してポイントにつなげた。5-3から相手のサービスを攻め、3つ目のマッチポイントで勝負を決めた。

「昨年はベスト8で負け、泣いて帰ったのでうれしい気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた桑原。泊は「ストロークの調子が悪かったから、せめてボレーだけでも…」と積極的に前に出てボレーで得点を重ねた。さらに「このモヤモヤした気持ちを明日にぶつけたい」と続けた。

画像: 福岡の高山舞子/石井幸子(写真◎菅原淳)

福岡の高山舞子/石井幸子(写真◎菅原淳)

 最後にベスト4を決めたのは、神奈川に競り勝った福岡。1勝1敗からD1の高山舞子/石井幸子が6-2 6-2で井野由佳子/佐藤由香里を退けた。高山、石井は昨年の準々決勝では違うペアだったが、どちらも神奈川に敗れていた。それだけに大きな意味をもつ勝利だった。

「去年負けてから1年間練習を頑張った成果を出せてうれしい」と高山。石井も「去年いっしょにペアを組んで敗れた選手が、福岡から応援してくれていた。彼女の分もリベンジできてうれしい」と笑顔を見せた。

 明日11月10日(土)の大会最終日は9時より準決勝の大阪対愛知、埼玉対福岡が行われ、そのあとに決勝戦と3位決定戦が行われる予定となっている。

(編集部◎池田晋)

※トップ写真は準決勝進出を祝う愛知(写真◎菅原淳)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.