2018年12月6日、スズキは軽乗用車のアルト ラパンに特別仕様車の「モード」を設定して発売を開始した。

大人らしく落ち着いた印象の特別仕様車

アルト ラパンは2002年1月に初代がデビュー以来、累計販売台数約75万2000台を誇る、スズキの軽乗用車。現行モデルは2015年6月にデビューした3代目にあたる。ユーザーの約9割が女性、そのうち20〜30代が約60%を占める。

そんなラパンに追加された今回の特別仕様車「モード」は、シックでクールな印象の中にも女性らしいかわいさが感じられる“大人かわいいラパン”がコンセプトだ。

画像: ボディカラーは、ノクターンブルーパール/ホワイト2トーンルーフ。

ボディカラーは、ノクターンブルーパール/ホワイト2トーンルーフ。

インテリアは、シート表皮、ドアトリムクロスとフロアマットをネイビー基調で統一するとともに、ブラックパールのガーニッシュやヘリンボーン模様の木目柄を取り入れたインパネにより、落ち着きと上質感のある空間とした。

画像: 大人らしく落ち着いた印象の特別仕様車
画像: インパネにはヘリンボーン木目調の専用オーナメントを採用。

インパネにはヘリンボーン木目調の専用オーナメントを採用。

エクステリアには、メッキフロントグリルや、シルバーとホワイトの2トーンに塗り分けたフルホイールキャップ、ブルーのアクセントカラーを施したフロントグリル/バックドアのエンブレムなどを採用し、特別感を演出した。

車体色にはノクターンブルーパールをはじめ、モノトーンを5色、ホワイト2トーンルーフを3パターンの、全8パターンのシックなラインアップを用意した。

画像: 運転席と助手席はヒーターを装備。

運転席と助手席はヒーターを装備。

画像: ネイビーの専用ファブリックシート表皮

ネイビーの専用ファブリックシート表皮

また、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」を標準装備し、さらに、「ナノイー」搭載フルオートエアコンや助手席シートヒーター(2WD車のみ、4WD車はベース車に標準装備)などの快適装備を追加採用した。

車両価格(税込み)は、2WD(FF)が135万3240円、4WDが145万2600円。エンジンは0.66Lのノンターボ、ミッションはCVTのみの設定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.