街道レーサーのルーツにもなった、ツーリングカーレースに参戦していたマシンたち。クルマ好きは、これらを「ハコ」と呼んで愛した。今回紹介するのは、16バルブDOHCを積んだKP47パブリカ・スターレットだ。(ホリデーオート2018年12月号より)

市販車には存在しなかった16バルブDOHCを搭載

カローラが世に出る前、1961年に誕生したトヨタ初の大衆車がパブリカ。69年に2代目にフルモデルチェンジし、73年にパブリカのスポーティな上級シリーズとして「パブリカ・スターレット」がデビューした。

画像: OHVの1.2Lだった3Kエンジンを4バルブDOHCにしてしまった3K-R(137E)。1.3Lながら180馬力を発生した。

OHVの1.2Lだった3Kエンジンを4バルブDOHCにしてしまった3K-R(137E)。1.3Lながら180馬力を発生した。

パブリカ・スターレットはスポーティさをウリにするため、当時人気の高かったマイナーツーリングレースに打って出る。市販車に搭載されていたOHVの3K型エンジンをベースに、ボアを4mm広げて79.0mmとし、ストロークは66.0mmのままで排気量を1166ccから1293ccにアップ。

そのブロックにヤマハ発動機が専用開発した4バルブDOHCヘッドを載せた3K-R(137Eとも呼ばれる)エンジンで必勝を期したのだ。

画像: 1973年にレースデビューしたDOHCスターレットを、トムスが2018年に完全復元した。ボディのベースは市販車だ。

1973年にレースデビューしたDOHCスターレットを、トムスが2018年に完全復元した。ボディのベースは市販車だ。

日本電装製のインジェクションやドライサンプ方式、そして各部にマグネシウム素材も採用した。これらのパーツは、当時は50台生産すればオプション部品として公認されたのだった。

当初の最高出力は180馬力だが、のちに205馬力までパワーアップした。このDOHCスターレットはトヨタワークスの再来といえ、73年11月の富士ビクトリー200kmレースに参戦。3位以下に20秒以上もの大差をつけて1-2フィニッシュを遂げた。(写真提供:トムス)

画像: トヨタワークスの解散後、レースにはトムスとクワハラのプライベートで参戦していた。クワハラ車は現存している。

トヨタワークスの解散後、レースにはトムスとクワハラのプライベートで参戦していた。クワハラ車は現存している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.