11月7日(現地12月6日)、アメリカにあるメイウェザーボクシングクラブで『Cygames presents RIZIN.14』(12月31日さいたまスーパーアリーナ)に出場するフロイド・メイウェザー、那須川天心が大会へ向けた記者会見を行った。

画像1: 【記者会見&公開練習】
フロイド・メイウェザー、那須川天心がアメリカで記者会見
画像2: 【記者会見&公開練習】
フロイド・メイウェザー、那須川天心がアメリカで記者会見

また記者会見の前には那須川の公開練習も行われ、リングに上がって笑顔でバンテージを巻き、3分のシャドー2ラウンド、ミット打ち1ラウンドを行い、フロイド・メイウェザーとの試合に向けて着々と準備が進んでいることを披露した。

画像3: 【記者会見&公開練習】
フロイド・メイウェザー、那須川天心がアメリカで記者会見
画像4: 【記者会見&公開練習】
フロイド・メイウェザー、那須川天心がアメリカで記者会見
画像5: 【記者会見&公開練習】
フロイド・メイウェザー、那須川天心がアメリカで記者会見

以下、那須川天心・囲み取材質疑応答

——アメリカに来た気分はどうですか?
那須川 初めてアメリカに来ましたけど、思っていたより大きかったですね。

——メイウェザー選手と試合をする話が初めて来た時、どういう気分でしたか?
那須川 まず信じられなかったというのがあるのですが、こういうチャンスが来て受けない選手はいないと思うのですぐ受けました。

——メイウェザーに(パンチを)当てるチャンスはあると思いますか?
那須川 メイウェザー選手に一太刀いれるために練習をやっているので、人生を懸けてメイウェザー選手に全てぶつけていきたいと思います。

——メイウェザーを倒したボクサーは過去にいませんでしたが、どう戦いますか?
那須川 3分3ラウンドというルールをうまく使っていきたいです。メイウェザー選手も速いですが、自分にも速さはあるのでそこを活かして思いきってやりたい。

——この試合は、あなたにとって、そして日本にとってどのような試合になりますか?
那須川 まず日本人でメイウェザー選手と戦ったことのある選手がいませんので、そういう中で日本のアスリート代表として立ち向かいたいと思います。日本にも良い選手がいる事を世界に知ってもらいたいです。

——メイウェザー選手はどのような選手だと思いますか?
那須川 メイウェザーは完璧な選手。目が良い。反応も素晴らしい。相手に当てさせない事がすごい上手い選手です。

——メイウェザー選手との試合が決まる前と後で何か変わったことはありますか?
那須川 昔はメイウェザーの試合には、あまり興味がなかった。アスリートの中で世界一のファイトマネーを稼いで豪華な生活をしている人くらいしか印象は無かった。実際戦うと決まってから実際に試合映像を見ると、改めてすごい選手なんだなと実感しました。

——KOするチャンスはあると思いますか?
那須川 メイウェザー選手をKOする事は非常に難しいと思うが、チャンスは必ずあるはず。その機会を多く作りたい。

——ボクシングの練習をしていて何か気がついたことはありますか?
那須川 ステップとかパンチのタイミングが違います。ボクシング(スタイル)で戦うつもりはない。ラスベガスに来て色々とスパーリングをして手応えを感じています。

≫『Cygames presents RIZIN.14』大会概要 / チケット情報

≫『Cygames presents RIZIN.14』対戦カード

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.