アカデミー賞最優秀脚色賞受賞、主要4部門にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』で、世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメ。
映画界だけでなくファッション界においても今一番ホットな男ティモシーが出演する新作『Beautiful Boy』(原題)が10月12日に大ヒットスタートでアメリカ公開を迎え、日本では2019年4月に公開となります。

画像1: © 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

本作は、ドラッグ依存を克服し、現在はNetflixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物の半生を描いた実話に基づく物語。
製作はブラッド・ピットが代表を務めるプランBエンターテインメント(『ムーンライト』、『それでも夜は明ける』など)、ブラッド本人がプロデュースを手掛けます。
息子とその家族との愛と再生を描く本作、ティモシーはその息子を、父親を『フォックス・キャッチャー』のスティーヴ・カレルが熱演。
2018年のアカデミー賞授賞式でゲイリー・オールドマンに「君は絶対ここに戻ってくる」言わしめたティモシー・シャラメ。本作で才能をいかんなく発揮し、賞レースを牽引中。ゲイリーの予言が早くも現実となるのか、本国のメディアや評論家からアカデミー賞助演でノミネートが有力視されており、賞レースに期待がかかります。

そんな中、オスカーを占う賞レースの中でも、特に注目を集める、ゴールデングローブ賞のノミネート発表が本日行われ、助演男優賞(ティモシー・シャラメ)でノミネートされました!
(授賞式は、日本時間・1月8日AM10時~予定)。
賞レースを牽引する注目作として、アカデミー賞ノミネートにもさらなる期待がかかります。

【現時点(2018.12.7)までの主な受賞・ノミネート】

★第75回 ゴールデングローブ賞
助演男優賞(ティモシー・シャラメ)ノミネート!!!

★第22回ハリウッド映画賞
ブレイクスルー監督賞、助演男優賞(ティモシー・シャラメ) 受賞!!!

★第54回シカゴ国際映画祭
最優秀長編賞 受賞!!!

★第39回 アスペン映画祭
Independent by Nature Award
(フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン) 受賞!!!

★第17回ワシントンDC映画批評家協会賞
助演男優賞(ティモシー・シャラメ) ノミネート

★}第43回トロント国際映画祭
観客賞 ノミネート

★第66回%%サンセバスチャン国際映画祭
最優秀作品賞ノミネート

画像2: © 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

<あらすじ>

父デヴィッドと、ドラッグ依存症だった息子ニックがそれぞれの視点で書いた2冊のノンフィクションを原作に、ニックが更生にいたるまでを描く、実話に基づく愛と再生の物語。

監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン (『オーバー・ザ・ブルースカイ』アカデミー賞外国語映画賞ノミネート)

脚本:ルーク・デイヴィス(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)

出演:スティーヴ・カレル、ティモシー・シャラメ

製作:PLAN B
(『ムーンライト』『それでも夜は明ける』) 
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

beautifulboy-movie.jp

2019年4月、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.