こんにちは!ミステリーハンターの白石みきです。今回は、一生に一度は見たかった「オーロラ」を見る為にカナダ イエローナイフへ行ってきました。

イエローナイフはオーロラベルトというオーロラが発生しやすいエリアの真下に位置しているため、年間を通じてオーロラの出現率がとても高く、3日間の滞在で90%以上のオーロラ観測率を誇るといいます。

また、私が訪れたのは9月だったのですが、この時期は真冬のように気温もマイナスになる事は無く、あまり防寒せずにオーロラを見られるとあって (真冬はマイナス40度まで下がり、睫毛も凍る寒さなんですって!)穴場な時期。

  

観測できる可能性は? 
オーロラ予報をチェック! 

まず、市内から向かったのはこちら。

画像: 観測できる可能性は? オーロラ予報をチェック!

ん? 小さな灯台??
実はこれ、オーロラ灯台といって、光る色によって、その日のオーロラ予報を教えてくれるのものなのです。
赤は見事なオーロラが見られる。
緑はオーロラが期待出来る。
青はオーロラの可能性が低い。
この日の予想は緑!幸先良さそうです。

オーロラ灯台は、Gallery of theMidnight Sun(ギャラリー オブ ミッドナイト サン)というお土産ショップの隣にあります。

Gallery of the Midnight Sun(ギャラリーオブミッドナイトサン)
5005 Bryson Dr. Yelloknife

 

世界各国から観光客が訪れる
レストランで観測前に腹ごしらえ

オーロラが出る時間帯は、だいたい23時〜3時までの間なので、観測前にしっかり腹ごしらえをしなくては。そんな時にオススメのお店は、こちらの「Bullock'sBistro」(ブロックス ビストロ)。

画像1: 世界各国から観光客が訪れる レストランで観測前に腹ごしらえ

1930年代に建てられた家を改築してできた味のあるレストランで、地元でとれた新鮮な魚を使ったグリルや、バッファロー料理などが大人気。日本語メニューもあります。私のイチオシはバッファローのTボーンステーキ。

クセはそんなになく、旨味が強いバッファロー。噛めば噛むほど肉肉しい〜!ソースも甘めのBBQソースで美味。最初はこのボリューム、さすがに食べられない!なんて言ってましたが、ペロリと平らげてしまいました。(旅へ行くと我慢しないのが鉄則なんです。必ず太って帰ってきますけどね……)

画像2: 世界各国から観光客が訪れる レストランで観測前に腹ごしらえ

こちらは店員さんオススメのピッケル(白身魚)のパンフライ。あっさりとしたピッケルに蜂蜜とバターが入っているコクのあるソースがたっぷりかかっていて、こちらも美味しかったですよ。

画像3: 世界各国から観光客が訪れる レストランで観測前に腹ごしらえ

そして、このお店の料理を全部一人で作っているシェフのターニャさんと。なんと多い時は一人で1日に250食も作るんだとか。頼もしすぎます。

画像4: 世界各国から観光客が訪れる レストランで観測前に腹ごしらえ

店内には世界各国から訪れた観光客のサインが天井や壁、テーブルにイス、トイレの中までびっしり。

私もしっかり書かせていただきましたので、ぜひ探してみて下さいね。

Bullock's Bistro(ブロックス ビストロ)
3534WeaverDr.Yellowknife
☎867-873-3474 

 

思わず涙が出てしまった
オーロラとの感動の出会い

さて本題へ。
私はオーロラを見られたのか、気になる所ですよね。ご安心ください。しっかり見られましたよ。しかも毎日!!

画像1: 思わず涙が出てしまった オーロラとの感動の出会い

毎日23時ぐらいから、うっすらと雲のようなオーロラが見え始め、時間が経つと天の川のようなオーロラが見えたりと、1分1秒たりとも目が離せませんでした。

特に今回の旅で一番素晴らしかったオーロラは、イエローナイフから北へ行ったフォートプロビデンスという小さな村でみたオーロラ。

画像2: 思わず涙が出てしまった オーロラとの感動の出会い

オーロラが生きている⁉︎

画像3: 思わず涙が出てしまった オーロラとの感動の出会い

この日はオーロラのプチブレークアップが起こり、村のシンボルである教会の上にはオーロラが踊っているかのようにユラユラ、時には激しくなったりと、あまりの凄さに感動し、涙が止まりませんでした。

コロコロと表情が変わるオーロラ。一期一会の出会いを求めて、またいつか見に行きたいです。

  

PROFILE

白石みき Shiraishi Miki
TBS『王様のブランチ』でリポーターを務めた後、2009年より同局の『世界ふしぎ発見!』でミステリーハンターに就任。リゾートから秘境まで世界各国津々浦々を旅してまわっています。趣味はマラソン! 体力に自信あり(笑)。Instagram→@miki_shiraishi1115

 

▼こちらのブログもチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.