2018年12月25日、スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、2019年1月11日~13日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に出展する概要を発表した。

スバルは東京オートサロンで、フォレスター e-BOXER搭載車をチューンしたコンセプトモデルなどを初公開

スバル ブースでは、STIとコラボレーションしたフォレスターやインプレッサ、走りの愉しさや走行安定性を追求したSTIのパフォーマンスパーツを装着したレヴォーグやWRX STIをベースに専用装備を施したWRX STIを展示する。

画像: スバル ブースのイメージイラスト

スバル ブースのイメージイラスト

また、2018年のニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝を果たしたWRX STI NBR チャレンジ 2018や、スーパーGT参戦車のBRZ GT300 2018の展示も行う。

出品車両一覧
●参考出品車
・フォレスター(STIコンセプトモデル)
・インプレッサ(STIコンセプトモデル)
・レヴォーグ(カスタムパーツ装着モデル)
・WRX STI(カスタムパーツ装着モデル)
●モータースポーツ参戦車
・BRZ GT300 2018
・WRX STI NBR チャレンジ 2018
・WRX STI 全日本ラリー参戦車
・CG ROBOT レーシング 2018(スバル BRZ)

フォレスターSTIコンセプトモデル

画像: フォレスターSTIコンセプトモデル

アドバンスをベースに、e-BOXERの先進的な走りにSTIがさらに磨きをかけたモデル。外装は、専用色「ファイターグレー」を採用し、アルミホイールを19インチ化。さらにブレンボ製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着することで、運動性能の高さを予感させる仕様としている。

インプレッサSTIコンセプトモデル

画像: インプレッサSTIコンセプトモデル

2.0i-S アイサイトをベースに、専用の内外装パーツを装着。インテリアには、質感の高いボルドー内装を採用している。

画像: スバルのブースを正面から見たイメージイラスト

スバルのブースを正面から見たイメージイラスト

スバルのブースでは、オートサロンの期間中、トークショーやアンケートプレゼント、グッズ販売なども行われる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.