しっとりハリのある潤いボディには、それなりのケアが必要。そこで普段から簡単に取り入れられる潤いボディ作りのコツをビューティ賢者に聞いてみました。触れたくなるボディを目指して、今日からさっそく取り入れましょう。
 

教えてくれたのは……
女優、グラビアアイドル
橋本マナミさん
1984年生まれ、山形県出身。身長168㎝、バスト89㎝、ウエスト62㎝、ヒップ88㎝という抜群のプロポーションと、しっとりとした色気、ハツラツとした美貌を併せ持つ。「愛人にしたい女No.1」というキャッチフレーズで話題に。
 
植物療法士
森田敦子さん
日本のフィトテラピー(植物療法)の第一人者。フランス国立パリ13 大学で植物薬理学を学び、帰国後は植物療法に基づく商品、サービスの開発に従事。デリケートゾーンケアの重要性を記した著書『潤うからだ』(ワニブックス)が話題に。
 
婦人科医
松村圭子さん
成城松村クリニック院長。日本産科婦人科学会専門医。1995年広島大学医学部卒業、広島大学医学部産科婦人科学教室入局。婦人科をメインに、女性のトータルケアを心身ともにサポート。さらに執筆や講演にと幅広く活躍中。
 
美容家
深澤亜希さん
1977年生まれ。日本コスメティック協会認定スキンケアマイスター、同コスメマイスターの資格を持つ。スキンケアのテクニックやキレイになるための心がけなど、一人ひとりに合ったさまざまなビューティメソッドを開発・提案する。

 

顔用のアイテムで
デコルテまで保湿する

画像: ガウン¥30000/La Sakura、ボディスーツ¥21000/LIVY、ショーツ¥11500/COSABELLA(ガブリエルペコ)☎03-3498-7315

ガウン¥30000/La Sakura、ボディスーツ¥21000/LIVY、ショーツ¥11500/COSABELLA(ガブリエルペコ)☎03-3498-7315

「デコルテは、面積が広く、かつ顔の真下に位置する平面の部位。ここが潤い、透明感のある輝きを放つことで、レフ板効果によって顔を明るく照らしてくれます」(深澤さん)

化粧水や美容液、クリームを、顔だけでなく首からデコルテへとのばし、週3ペースでケアして。

 

自律神経を整え
女性ホルモンを安定させる

仕事も遊びも忙しいFRaU 世代。不規則な生活やストレスからくる自律神経の乱れが、そのままホルモンバランスを乱す原因になっている。

「美肌や潤いに関わる〈エストロゲン〉と妊娠に関わる〈プロゲステロン〉が、二大女性ホルモン。どちらか片方ではなく、ふたつの分泌の波を安定させることが大切です。起床、就寝、食事などを毎日同じ時間に行い、規則正しいリズムで生活すること。生活習慣を改善して自律神経を整えることが、ホルモンの分泌を正常化させるいちばんの近道なんです」(松村さん)

 

適度な筋力でハリ感を
アップして見せる

画像: 適度な筋力でハリ感を アップして見せる

たるみのないハリツヤボディを手に入れるなら、ある程度の筋力キープは常識。橋本さんは、週に一度のジム通いだけでなく、普段から自転車や徒歩での移動を心がけ、日常的にできる筋トレを実践している。

「立っているときはお尻に力を入れて爪先立ちを。自然な筋肉がついて姿勢も綺麗になります。ウォーキングマシンでの40分間の早歩きも効果的! 過度な振動で胸が下がってくるのを防ぐため〈走らず早歩き〉しています」(橋本さん)

 

日常的にときめきを感じる工夫を

画像: 日常的にときめきを感じる工夫を

心がときめくと分泌されるのが、俗にいう〈幸せホルモン〉。これが心身の潤いには不可欠なのだそう。

「幸せを感じる瞬間は人それぞれ。心が喜ぶことで、ホルモンが潤いを全身に行き渡らせます」(松村さん)

こんなことで幸せホルモン分泌!

  • 夫や恋人と過ごす
  • 友だちと過ごす
  • 子どもと触れ合う
  • ペットと触れ合う
  • 好きな有名人の動画を観る
  • ペットの動画を観る
  • 趣味に没頭する
  • おしゃれして出かける

 

質の良い睡眠で代謝の良い女になる

「質の良い睡眠は〈成長ホルモン〉の分泌を促して代謝を促進し、美肌を作りますが、最近はベッドの中で、寝るまでスマホを見ている人も多いと思います。明るい光は交感神経を優位にし、脳を覚醒させてしまいます」(松村さん)

寝る1時間前にはスマホを手放し、白熱灯の照明に切り替えるなどして、眠りのスイッチを入れる習慣を。

 

石けんで洗う部位は
ピンポイントに留める

画像: リブキャミソール¥11000、リブパンツ¥18000/ともにプライベート・スプーンズ・クラブ 代官山本店 ☎03-6452-5917

リブキャミソール¥11000、リブパンツ¥18000/ともにプライベート・スプーンズ・クラブ 代官山本店 ☎03-6452-5917

清潔好きの日本人は、体を洗いすぎて潤い不足になる傾向があるとか。

「洗浄剤で洗うのは、皮脂腺の働きが活発な背中やデコルテ、また臭いや雑菌が繁殖しやすい足や脇、デリケートゾーンのみでいいんです。腕や脚は皮脂腺が少ないのでお湯に浸かるだけで汚れは十分に落ちますよ」(深澤さん)

 

NEXT≫「女性特有の不調&デリケートゾーンのケア方法とは?」
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.