上写真=ハットトリックを達成した立正大淞南の藤井
写真◎近藤俊哉

■2019年1月2日 全国高校サッカー選手権2回戦(神奈川・等々力)
那覇西(沖縄) 1-6 立正大淞南(島根)
得点者=(那)高良竜太朗 (立)藤井奨也3、石橋克之、大西駿太、草場勇斗

エース藤井がハットトリック達成

 立正大淞南は最前線の鶴野怜樹を基点にシンプルな攻撃を仕掛け、前半14分に鶴野のアシストから藤井奨也が先制点をマーク。37分に那覇西の高良竜太朗に同点ゴールを許すも、前半終了間際の40分に石橋克之が勝ち越し点を決め、立正大淞南の1点リードで前半を折り返した。後半に入っても立正大淞南が主導権を握り、得意のショートカウンターから66分に藤井が追加点。藤井は69分にもゴールを奪い、見事にハットトリックを達成した。その後も立正大淞南は攻撃の手を緩めず、大西駿太、草場勇斗もネットを揺らし、6-1と大差をつけて那覇西を下した。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.