2019年1月11日、ロータスカーズ日本正規輸入代理店のエルシーアイはロータス・エキシージ カップ430の販売を開始し、1月13日まで幕張メッセで開催されている東京オートサロンの会場に出展する。

これぞ、エキシージ史上最強のプロダクションモデル!

エキシージ カップ430は、エヴォーラのハイパフォーマンスモデルであるエヴォーラ GT430に使⽤されているパワートレーンを進化させ、新開発のボディと組み合わせることで、カップ430の真髄を引き出す空⼒性能を実現している。

画像: ボディカラーは、ビビッドグリーン。エクステリアの要所をブラックで引き締めている。

ボディカラーは、ビビッドグリーン。エクステリアの要所をブラックで引き締めている。

画像: 高くそびえるリアウイングはカーボン製。マットブラックのリアディフューザーはアルミ製。

高くそびえるリアウイングはカーボン製。マットブラックのリアディフューザーはアルミ製。

トヨタ製の3.5L V6DOHCをチューンしてスーパーチャージャーとインタークーラーを装着。組み合わされるミッションはロータス製の6速マニュアルのみ。最高出力436psと最大トルク440Nmを発生し、0-100km/h加速は3.3秒、最高速度は290km/h。

画像: 436psと440Nmを発生するV6エンジンの本体はほとんど見えない。

436psと440Nmを発生するV6エンジンの本体はほとんど見えない。

このパワーをいかんなく発揮するため、カップ430にはリップシール付きのフロントスプリッターやカーボンファイバー製リアウイングなど、さまざまな新型エアロパーツが装備されている。

ロータスによる軽量化設計により、車両全体の乾燥重量は1059kgを実現した。前後のカウルはエキシージの他モデルより6.8kg軽量化されている。

画像: スパルタンなインテリアに赤いアクセントが効いている。エアコンとパワーウインドーは標準装備。

スパルタンなインテリアに赤いアクセントが効いている。エアコンとパワーウインドーは標準装備。

インテリアにはアルカンタラが貼られ、軽量の新型カーボンファイバー製計器パネルカバー、ロータス特注のカーボン製スポーツシートと軽量の新型シートレール、カーボン製ドアシルなど、ハンドメイドされた部分に美しい織⽬模様が浮かび上がる。レッドのインテリアカラーパックを標準装備して、室内の要所に赤いアクセントが入れられている。

画像: カーボン製スポーツシートにはロータスのエンブレムと430CUPのロゴが入る。

カーボン製スポーツシートにはロータスのエンブレムと430CUPのロゴが入る。

他モデルではオプションのフロアマットやオーディオも標準装備し、日本では10台の限定販売。
価格は、税込み1728万円。デリバリー開始は2019年2月を予定している。

画像: これぞ、エキシージ史上最強のプロダクションモデル!

ロータス・エキシージ カップ430 主要諸元

●全長×全幅×全高:4080×1800×1130mm
●ホイールベース:2370mm
●車両重量:1093kg(本国発表値)
●エンジン:V6 DOHC+S/C
●排気量:3456cc
●最高出力:436ps/7000rpm
●最大トルク:440Nm/2600-6800rpm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:横置きミッドシップ後輪駆動
●タイヤ:前215/45ZR17、後285/30ZR18
●価格:1728万円(税込み)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.