今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月14~27日/ハードコート)の男女シングルスのドローが発表され、男子シングルスで第8シードとなった錦織圭(日清食品)は1回戦で予選勝者と対戦することになった。

 全豪に2年ぶり9度目の出場となる錦織は、過去3度(2012年、15~16年)のベスト8がこれまでの最高成績。昨年は右手首のケガからの復帰途上だったため、出場を回避していた。

 そのほかの男子の日本勢は、西岡良仁(ミキハウス)とダニエル太郎(エイブル)の2人が本戦から出場。初戦の対戦相手は、西岡が前年8強のテニス・サングレン(アメリカ)、ダニエルは予選勝者に決まった。

 男子のトップシードはグランドスラム3大会連続制覇と大会7度目の優勝を目指すノバク・ジョコビッチ(セルビア)、2009年覇者のラファエル・ナダル(スペイン)が第2シード、大会2連覇中のロジャー・フェデラー(スイス)が第3シード、昨年のATPツアー最終戦を制したアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は第4シードとなっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス|シード選手と日本人選手1回戦組み合わせ

1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]

5ダニエル太郎(日本/エイブル)vs 6予選勝者

8デニス・シャポバロフ(カナダ)[25]

------

9ダビド・ゴファン(ベルギー)[21]

16ダニール・メドべデフ(ロシア)[15]

------

17ファビオ・フォニーニ(イタリア)[12]

24パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[23]

------

25フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)[32]

32錦織圭(日本/日清食品)[8] vs 6予選勝者

----------

33アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4]

40ジル・シモン(フランス)[29]

------

41チョン・ヒョン(韓国)[24]

48ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[16]

------

49ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[11]

56マルコ・チェッキナート(イタリア)[17]

------

57ルカ・プイユ(フランス)[28]

64ドミニク・ティーム(オーストリア)[7]

----------

65マリン・チリッチ(クロアチア)[6]

72フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)[26]

------

73ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[22]

77西岡良仁(日本/ミキハウス)vs 78テニス・サングレン(アメリカ)

80カレン・ハチャノフ(ロシア)[10]

------

81ステファノス・チチパス(ギリシャ)[14]

88ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[19]

------

89ガエル・モンフィス(フランス)[30]

96ロジャー・フェデラー(スイス)[3]

----------

97ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[5]

104スティーブ・ジョンソン(アメリカ)[31]

------

105グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[20]

112ジョン・イズナー(アメリカ)[9]

------

113カイル・エドマンド(イギリス)[13]

120ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[18]

------

121アレックス・デミノー(オーストラリア)[27]

128ラファエル・ナダル(スペイン)[2]

※写真は会場のメルボルンパークで練習中の錦織圭(日清食品)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 08: Kei Nishikori of Japan looks on during a practice session ahead of the 2019 Australian Open at Melbourne Park on January 08, 2019 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.