“AIがデザインしたフェース”で話題のキャロウェイ「エピックフラッシュ」。テーラーメイドの「M
5」「M6」と並び、2019年モデルの中でも注目度は極めて高い。そこで、このエピックフラッシュの2タイプを、プロゴルファー・中村修とノリーこと堀口宜篤の二人が打ち比べてみた。

スター、サブゼロ、ともに前作よりもボールがつかまるようになった

「AIがデザインしたフェース」という話題性に加え、実戦投入したザンダー・シャウフェレが早速ツアーで結果を出したことでも注目が集まるキャロウェイ「エピックフラッシュ」。新しモノ好きゴルファーのなかにはすでに手に入れた人もいるはずだが、テーラーメイドにピン、国内メーカーなら本間ゴルフにミズノと注目クラブの発売が目白押しで、悩んでいる人も多いはず。

やっぱりエピックに決めた! と仮に思ったとしても、エピックフラッシュには「スター」「レギュラー」「サブゼロ」の3タイプがあることも、ゴルファーの心を悩ませる。よほど懐が温かくない限り、買えるとしても1本……となれば、それぞれの特徴をしっかり把握しておきたいところだ。

というわけで、ここでは「スター」と「サブゼロ」を打ち比べてみた。可変ウェートはニュートラル位置、シャフトはいずれも純正のオリジナルシャフトを使用した。

まずはエピックフラッシュ スターから。もともと「スター」はつかまりやすいモデルだが、フラッシュはどうだろうか。

画像: キャロウェイ「エピックフラッシュ スター」(10.5度)。つかまりを重視したモデル。使用シャフトは純正オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW (EPIC FLASH)」のSRフレックス

キャロウェイ「エピックフラッシュ スター」(10.5度)。つかまりを重視したモデル。使用シャフトは純正オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW (EPIC FLASH)」のSRフレックス

「めっちゃつかまります。打感は前作(GBB エピック スター)より柔らかいですね。手に伝わってくる感触も全然違くて、打っていて気持ち良いです」(堀口)

高弾道で279ヤード飛ばした堀口。つかまりだけでなく、ヘッドスピード44.9m/sに対しボール初速は67.4m/sと高初速を実現しており、打感は柔らかいがしっかり弾いていることがわかる。

中村もエピックフラッシュ スターを手に取り、つかまりのある弾道でトータル255ヤード飛ばす。

「つかまりますねコレ。勝手にヘッドが返ってくる感じです。ミート率が自然と高くなるので初速も出ています。多少芯を外しても(初速が)出ていて、これはジェイルブレイクとフラッシュフェースの合わせ技といった感じですね」(中村)

画像: エピックフラッシュ スターの試打結果(上:堀口 下:中村)

エピックフラッシュ スターの試打結果(上:堀口 下:中村)

非常に性能の高いエピックフラッシュ スターだが、音はかなり甲高く特徴的で、ここは好みが分かれそう。中村曰く「音が気になる人は、軟らかいボールと合わせるといいと思います」とのこと。

次はエピックフラッシュ サブゼロを見ていこう。前作のGBB エピック サブゼロには「柔らかいけどちょっとつかまりづらくて、どうしても右にすっぽ抜ける感じ」(中村)、「(自分から)つかまえにいかないとつかまらない」(堀口)という印象を持っていた二人だが、エピックフラッシュはどうだろうか。

画像: キャロウェイ「エピックフラッシュ サブゼロ」(10.5度)。使用シャフトは純正オリジナルシャフト「WD GDI TOUR AD SZ-5 GR JV」のSRフレックス

キャロウェイ「エピックフラッシュ サブゼロ」(10.5度)。使用シャフトは純正オリジナルシャフト「WD GDI TOUR AD SZ-5 GR JV」のSRフレックス

「見た目は(エピックフラッシュ スターと)そんなに変わらない」という堀口。しかし打ってみると、数値は大幅に異なる結果に。低スピンモデルを謳っているだけあって、スピン量は1744回転。スターと比較して700回転もスピン量を抑えながら、トータル284ヤードと飛距離も伸ばしたサブゼロ。実際に打った印象を堀口に聞いてみよう。

「前(GBB エピック サブゼロ)よりつかまりやすくなっています。かといって引っかけるかと言ったら、それはない。コントロールしやすいドライバーですね。スピン量も抑えられているし、打感もスターと全然違います。シャフトの違いももちろんあると思いますが、スターの方が吸い付いてサブゼロは弾く感じです」(堀口)

画像: 左がスター、右がサブゼロの弾道。スターは高弾道、サブゼロは中弾道といったところ

左がスター、右がサブゼロの弾道。スターは高弾道、サブゼロは中弾道といったところ

続いて中村もサブゼロを手に取る。打つなり「これは、振っていける」と一言。

「しっかり振っていけるドライバーです。前作(GBB エピック サブゼロ)よりもつかまってくれる。シャフトも含めて、ヘッドもしっかり押し込んでいってくれる感じがします。左へいかないからといって右にすっぽ抜けることもなさそうです」(中村)

画像: エピックフラッシュ サブゼロの試打結果(上:堀口 下:中村)

エピックフラッシュ サブゼロの試打結果(上:堀口 下:中村)

兄弟モデルの場合、前作に比べて両者の差が広がった、両者の差が縮まった、といった表現をよくされるが、エピックフラッシュの2モデルに関しては、両モデルとも同じようにつかまりが良くなった、という印象を受ける。

そのため、スターに関しては、つかまりが良すぎると感じる人も中にはいるかもしれない。一方、スライスに悩む人には心強い武器になるだろう。サブゼロは打ち出した方向に真っすぐ飛ぶクラブ。クラブ軌道やフェース面をしっかりと管理できるローハンディキャッパーが、飛ばしの恩恵を最大限に発揮できそうだ。「どっちがいいか」悩んでいる人は、ぜひ参考にしてもらいたい。

協力/PGST

画像: スターとサブゼロ、どう違う? 「エピックフラッシュ」2モデルをプロ二人が打ち比べた youtu.be

スターとサブゼロ、どう違う? 「エピックフラッシュ」2モデルをプロ二人が打ち比べた

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.