2月も中旬となり、寒さは厳しいけれど、春はもうすぐそこまできている。ゴルフシーズン到来もすぐそこで、コンペに誘われているというゴルファーもいるだろう。そこで今回は、ゴルフ女子S子が初めて参加したゴルフコンペでのエピソードと、女子がもらってうれしい景品をご紹介。

こんにちは、ゴルフ女子S子です。2019年もあっという間に2月になりました。寒い日が続きますが、みなさんゴルフはしてますか? 私はピンを差したままのパットに慣れるべく奮闘中です。

さて今回はコンペがテーマです! コンペといっても色々ありますよね。仲間内で行うプライベートコンペに、ゴルフ場が主催するオープンコンペ、ネット上のコミュニティが主催するコンペに、特定の商品のユーザーを対象にしたコンペというのもあります。クルマのオーナーズコンペとかですね。
社内のゴルフ好きを集めて社員コンペを行う会社もなかにはあるのでは。

画像: コンペでは普段のラウンドとは違う緊張感があって、いいスコアが出たりもします

コンペでは普段のラウンドとは違う緊張感があって、いいスコアが出たりもします

どのコンペも普段のゴルフとは違い、多くの人から見られながらスタートしますよね~。S子が最初コンペに参加したときはゴルフ歴2〜3カ月くらいのときで、ずっと緊張してました(笑)。でもその緊張が良かったのか、ベストスコアを“125”から“110”と大幅に更新できたのがすごく嬉しかったのを覚えてます。

初参加のコンペで初めて知ったのがコンペにはプレーフィのほかに“参加費”があるということ。そして景品があるということです。壇上にズラリと並んだ景品を見て、「すごい、楽しくプレーして色々な賞品までもらえるなんて!」っと思ったS子ですが、順位が発表されると、意外ともらえず……今思うと、「あるある」ですね。順位賞とか、ハマらないときはとことんハマらない。ニアピンホールで一回近くに着いたのですが、そこからあえなく3パット。「パー縛り」だったのでそれももらえずでした。

画像: 並んでいる景品を見て呼ばれるのをワクワクしながら待っていたが……もらえず! なんてこともありますよね?(写真はイメージ 撮影/ 青木慶太)

並んでいる景品を見て呼ばれるのをワクワクしながら待っていたが……もらえず! なんてこともありますよね?(写真はイメージ 撮影/ 青木慶太)

そんな苦い思い出があるS子ですが、その後も懲りずにコンペに参加。少しずつスコアをまとめられるようになり、ついに賞品をゲットする日が来ました。30人弱のコンペで上位に入って手に入れたのは“ディズニーランドのペアチケット”! その後に参加したコンペでもお米やお肉、お醤油に、ゴルフバックなど頂きました! 一番嬉しかったのはやっぱりディズニーチケットかな~(肉好きとしてはお肉も捨てがたいけど……)。コンペの幹事さん、ディズニーチケットは女子受けがいいですよ(笑)。

さてS子のコンペエピソードを話してきましたが、コンペの“景品”はまだまだこんなもんじゃないですよね? そこで「これは嬉しかった!」っていうコンペ景品を、周囲のゴルファーに聞いてみました。

まずは、新ルールで使用が許可された“距離計測器”! これ以外と高いんですよね~。私の知り合いも「欲しいけど、高い」ということで買ってなかったのをコンペでもらえて、今ではすっかり愛用しているといいます。欲しいものがもらえるのはすごくラッキーですよね。

ダイソンのコードレス掃除機が過去最高という人もいました。奥様がゴルフをしないそうで肩身の狭い思いでコンペに参加した様子。これで心置きなく帰れると満足気でした(笑)。

画像: マニアックなギア好きゴルファーには、ハマグリやアワビなど海鮮系がかえって喜ばれる!?(撮影/ 矢田部裕)

マニアックなギア好きゴルファーには、ハマグリやアワビなど海鮮系がかえって喜ばれる!?(撮影/ 矢田部裕)

また、道具にこだわりのあるゴルファーは、意外と道具をもらっても喜ばず、むしろグルメ系を喜ぶという傾向が今回の調査(?)でわかりました。ハマグリやアワビ、カニなど海鮮系はすごく喜ばれるみたいです! カニ食べたい!

そして最後に紹介したいのは、私が心底羨ましいと思った景品。50~60人くらいの大型コンペで“ミズノのアイアンセット”があったそうです。ただのアイアンセットではなく、ミズノでフィッティングを受けて自分に合うクラブを受け取るまでが景品なんです。欲しい〜!

みなさんは、どんな景品が一番うれしかったですか? 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.