フルライン4WDを目指した三菱自動車は、早くからSUVの可能性を探り、近年は電動車の先行メーカーとしてEVにも力を入れる…。そんな三菱の先見性や技術力をコンセプトカーで紹介する短期集中連載。今回はRVタイプで将来へ繋がったクルマたちを紹介しよう。

フルタイム4WDの試作、そしてEV開発へ

ミラージュ スポーツギア(1985年)

画像: ミラージュ スポーツギア(1985年)

三菱独自の3軸式トランスアクスルの第3軸上にセンターデフをセットした、新開発のフルタイム4WD機構を持つ、行動派のためのスポーツワゴンという提案だった。リアクオーターのデザイン処理は異なるが、翌1986年にミラージュワゴンの1グレードとして市販された。

画像: ユニークなデザインのリアコンビランプは市販車に継承された。

ユニークなデザインのリアコンビランプは市販車に継承された。

画像: 現代なら「車中泊」を想定したようなインテリアだった。

現代なら「車中泊」を想定したようなインテリアだった。

TECHNAS:テクナス(1997年)

画像: TECHNAS:テクナス(1997年)

「都市生活者のための洗練されたアウトレジャービークル」がテーマ。スポーツ感あふれる走りと安全性/快適性/ユーティリティを高い次元で満足させた、新ジャンルのSUV。観音開きの前後ドア、ハンモックタイプのシートを備える。駆動方式はランエボ譲りのAYC付きフルタイム4WDだ。

ランサーエボリューション MIEV(2005年)

画像: ランサーエボリューション MIEV(2005年)

ランサーエボリューションIXをベースにした実験車。円筒状のローターが外側にある新開発のアウターローター式インホイールモーターにより、操舵機構が存在する前輪にもモーターを装着することができた。4輪インホイールモーター駆動車の実現を可能にしたモデルだ。

画像: インホイールモーターのシステム図

インホイールモーターのシステム図

e-EVOLUTION(2017年)

画像: e-EVOLUTION(2017年)

フロントに1基、リアにデュアルモーターAYCのトリプルモーター式4WDにS-AWCを採用。ブレーキキャリパーも電動化して、旋回性能とトラクション性能を大幅に向上させた。これからの三菱自動車のクルマ作りの方向性を提示するモデルだ。

画像: このコンセプトカーをベースに生まれる、新しいSUVは何になるのだろうか?

このコンセプトカーをベースに生まれる、新しいSUVは何になるのだろうか?

画像: 三菱自動車のコンセプトカーについては、ホリデーオート2019年1月号でも紹介しています。

三菱自動車のコンセプトカーについては、ホリデーオート2019年1月号でも紹介しています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.