2019年ナショナルチームメンバーの杉田祐一(三菱電機)は、デビスカップ日本代表として単複最多勝利を誇る鈴木貴男(Team REC)とタッグを組み、杉田の選手活動を鈴木がサポートするという新体制を整えた。この件に関して杉田がコメントを寄せた。

 まずはじめに昨年の末、貴男さんに、現役をされていますがコーチングをすることは可能であるか確認をとったところ、現役は続行しているがそういったことも考えているという回答をいただいていました。

 自分自身に今、一番必要なのは、自分の道を貫く信念と情熱だと感じていました。

 その件において、貴男さんに敵う人は世界をみてもそうそういないと感じていて、もしコーチングを受けることができるのであれば、自分はぶれずにテニスに取り組めるのではないかと思っていました。

 また戦術においても、とても優れていると感じていて、自分の武器を最大限に活用する術をいくつも持っていると思っています。最近では解説等もよく聞いており、常に的確なことを言っています。

 その他いろいろと思いはありますが、一番は、心より尊敬する貴男さんと一緒に戦ってみたいという直感です。

 そんな経緯で正式なプライベートでのコーチングの依頼となりました。

 契約まで少し時間がかかるのではと思っていましたが、快諾していただきとてもうれしく思っております。(杉田祐一)

 今週からふたりはタイ遠征をスタートさせた。

※写真は杉田祐一(三菱電機)、2018年6月撮影
ROSMALEN, NETHERLANDS - JUNE 11: Yuichi Sugita of Japan hits a forehand against Nikoloz Basilashvili of Georgia during Day One of the Libema Open 2018 on June 11, 2018 in Rosmalen, Netherlands. (Photo by Andy Astfalck/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.