いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第57回はテーラーメイド「Mグローレ ドライバー」をピックアップ。

「曲がらないフェース」を手に入れた日本人専用ドライバー

米ツアーやメジャーをテレビで観戦すると、海外メーカーのドライバーを使って活躍する姿とその圧倒的な飛距離を目の当たりにする。しかし実際自分でそのドライバーを使っても、その高い性能がどうも発揮できないと悩むことが少なくない。

米ツアーで圧倒的な使用率を誇るテーラーメイドは、日本のマーケットに対して、独自のドライバーを開発している。11年から発売されている『グローレ』は、日本のゴルファーを研究し尽くして人気を集めている。ワールドワイドモデルとのいちばんの違いは、ボールのつかまりの良さによる飛距離性能だろう。

たとえば反発が高いフェースでも、フェースが開いて当たるとスライスが出るだけでなく、インパクト効率が落ち、バックスピン量も増えるので飛距離が出ない。ボールがつかまらないことには、ルールギリギリのフェースを使っても飛距離はアップしない。

『グローレシリーズ』は、圧倒的なボールのつかまりが魅力で、『Mグローレ』は歴代グローレの魅力であるフォージドフェースを、『Mシリーズ』で人気になった飛んで曲がらないツイストフェース構造にした。

ボンデッド・ショートホーゼルを採用し、クラウンとソールパネルをカーボンにすることで17グラムの軽量化を実現、設計の自由度をアップさせて、ウェートを効果的に配置。つかまりの良さと、低重心を実現した。

画像: ハンマーヘッドスロットと呼ばれるソール前方の溝が、フェース強度をアップし、反発力を上げ、バックスピン量を減らしている

ハンマーヘッドスロットと呼ばれるソール前方の溝が、フェース強度をアップし、反発力を上げ、バックスピン量を減らしている

『グローレ』で培われた技術とワールドワイドの『Mシリーズ』のテクノロジーをプラスした『Mグローレ』。日本のゴルファーにとって最強のコラボレーションだと言えるだろう。憧れのタイガーと同じドライバーを使っても、彼ほど飛ばせるわけではない。そんなゴルファーでも、劇的な飛距離アップの可能性がある一本だ。

テーラーメイド「Mグローレ ドライバー」&Mグローレ キャディバッグを1名にプレゼント

今週紹介の「テーラーメイド Mグローレ ドライバー&Mグローレ キャディバッグ」を、抽選で1名様にプレゼント。週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

※ここで提供いただく個人情報は商品発送のほか、弊社ゴルフ関連情報のご案内に使用させていただく場合がございます。

撮影/三木崇徳、文/田島基晴

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.