2019年2月21日、三菱自動車は3月5日(火)〜17日(日)にスイス・ジュネーブで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショーの出展内容を発表した。既に発表されていたコンセプトカー「エンゲルベルク・ツアラー」やASX(日本名:RVR)2020モデル以外の内容も明らかになった。

エンゲルベルク・ツアラーはサイドビューのシルエットを公開!

三菱自動車のジュネーブモーターショーでのテーマは、“Drive your Ambition”。出品概要は、以前に紹介したコンセプトカー「エンゲルベルク・ツアラー」』をはじめ、ASX(日本名:RVR)や1トンピックアップトラック「L200(欧州仕様)」の2020年モデルなど、プレスデーでは5車種全6台、一般公開日では8車種全9台を出品する。

気になるエンゲルベルク・ツアラーだが、前回のフロントビューに続き、サイドビューのシルエットが公開された(タイトルの画像)。そこで例によって画像加工ソフトで明るくしてみると…。

画像: フロントビューに比べると、サイドビューのシルエットは比較的オーソドックス。

フロントビューに比べると、サイドビューのシルエットは比較的オーソドックス。

画像: フロントビューの画像も明るくしてみると、こんな感じ。

フロントビューの画像も明るくしてみると、こんな感じ。

独特のフロントマスクに対し、サイドビューは比較的オーソドックスなSUVスタイルだ。ルーフにはボックスも装着しているようだ。さて、これは次期アウトランダーのスタディなのだろうか…。

画像: コンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデル。日本デビューも、もうすぐ?

コンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデル。日本デビューも、もうすぐ?

また、電動車の購入とあわせてV2H(Vehicle to Home)を中心とした家庭用システムをユーザーに提供する新しいサービス「電動DRIVE HOUSE(DDH)」や、コネクティッドサービス「ミツビシ コネクト」のデモンストレーション展示も行う。

画像: 日本では「トライトン」の名称で販売されていたL200の2020年モデル。残念ながら日本販売の予定はない。

日本では「トライトン」の名称で販売されていたL200の2020年モデル。残念ながら日本販売の予定はない。

Webモーターマガジンでは、エンゲルベルク・ツアラーや新型RVRなどに関する新しい情報が入り次第、お届けする予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.