2019年3月9日、F1マシンが東京の公道を走るという日本初のイベント「レッドブル ショーラン 東京」が明治神宮外苑のいちょう並木で開催され、約1万人の大観衆の中を、2台のレッドブルF1が轟音とともに走り抜けた。

お約束?のドーナツターンも披露!

今回設定されたコースは、いちょう並木の直線部分の約3分の2を走り、突き当たりで右に曲がって周回路を少し走り、折り返して戻ってくるというもの。800m弱のコースを2台が2往復ずつするという。好天にも恵まれ、神宮外苑のいちょう並木に集まった観衆は約1万人!

画像: ピット内で出走準備中のレッドブルF1

ピット内で出走準備中のレッドブルF1

まずはオープニングセレモニーの後、ドライバーのピエール・ガスリー選手とマックス・フェルスタッペン選手がアストンマーティン車に乗ってコースの下見を兼ねてパレード。

画像: アストンマーティン車で観衆に手を振るガスリー選手とフェルスタッペン選手。

アストンマーティン車で観衆に手を振るガスリー選手とフェルスタッペン選手。

準備が整ったところで、ガスリー選手からスタート! 実際のレーシングスタートのようにオーバーレブさせながら、轟音とともに加速していく。1往復目は、あっという間に走り抜けてしまった。2往復目は、ファンの期待を裏切らず? お約束のドーナツターン(アクセルターンで路面にドーナツ状のブラックマークを残す)もやって見せてくれた!

画像: ストレートに向かって加速するフェルスタッペン選手。手前にはドーナツターンの跡が…。

ストレートに向かって加速するフェルスタッペン選手。手前にはドーナツターンの跡が…。

フェルスタッペン選手も同様に、2往復目にはドーナツターンを見せる。これで終わりかと思ったら、なんと2台でもう1往復走って見せてくれたのだった。これには観衆も大喜び!

画像: ショーランの後に記念撮影。いちょう並木の両脇の大観衆がスゴい!

ショーランの後に記念撮影。いちょう並木の両脇の大観衆がスゴい!

ショーランの後、ガスリー選手は「F1で東京の道を走れるなんて、本当に最高だ! しかも、こんなに大勢の前で走れるなんて。これからもチャンスがあれば走ってみたいね」と語った。フェルスタッペン選手も「日本のファンの皆さんが大勢来てくれてうれしい。次はスズカで会いましょう」と語った。

画像: 写真右がガスリー選手、左がフェルスタッペン選手。

写真右がガスリー選手、左がフェルスタッペン選手。

今シーズンのマシンや抱負についてはふたりとも「ホンダエンジンは信頼性にも優れ、良いテストができた。今シーズンの目標は、まずオーストラリアGPが終わった時点で考えていきたい」と語った。

なお、今回ショーランで走ったマシンは、レッドブルのイベント用のショーカー「レッドブルF1」であり、外観はレッドブルの最新F1マシン「RB15」風のスタイリングだが、スペックなどは一切公表されていない。

画像: レッドブルのF1マシンが東京の公道、明治神宮外苑を全開走行 youtu.be

レッドブルのF1マシンが東京の公道、明治神宮外苑を全開走行

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.