F1の2019年シーズンは、3月17日のオーストラリアGPから開幕する。これに合わせて、ホンダ本社1階の「Honda ウエルカムプラザ青山」では期間限定で歴代のF1マシンを展示中だ。

第1期から最新のホンダF1までズラリと並ぶ様は壮観!

トロロッソに加え、レッドブルにもエンジンを搭載するホンダの活躍が期待される2019年のF1グランプリ。東京・青山のホンダ本社1階ショールーム「Honda ウエルカムプラザ青山」では「Honda F1 2019シーズン開幕 特別展示」として、3月17日(日)まで第1期から第3期と、現代のホンダF1マシンをズラリと展示中だ。

ホンダ RA272(1965年)

画像: ホンダ RA272(1965年)

F1世界選手権が1500ccの時代最後となった年、最終戦のメキシコGPでホンダF1初優勝を飾ったマシン。

ウイリアムズ ホンダ FW09(1984年)

画像: ウイリアムズ ホンダ FW09(1984年)

1984年のアメリカGPで復帰後初優勝を飾ったマシン。エンジンは1500ccのV6ツインターボ。

ホンダ RA106(2006年)

画像: ホンダ RA106(2006年)

ハンガリーGPで、ホンダとしては1992年以来14年ぶりに優勝を飾ったマシン。エンジンは2400ccのV8。

レッドブル・トロロッソ・ホンダ STR13(2018年)

画像: レッドブル・トロロッソ・ホンダ STR13(2018年)

最終戦のアブダビGPに出走したマシン。エンジンは1600ccのV6シングルターボ。

なお、3月17日(日)のオーストラリアGP 決勝当日には、レースのパブリックビューイングも行われる。往年のF1マシンを眺めながら、リアルタイムで今シーズンの開幕戦を見ることができる。ホンダファンはもちろん、F1やモータースポーツファンなら必見だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.