兄弟車たちと同じ朱色ホイールを装備したマットライトグレーもあり!

ヤマハは、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒・997㏄エンジンを搭載するロードスポーツ「MT-10 ABS」のカラーリング展開を変更し、4月1日(月)から発売を開始しました。

画像1: 兄弟車たちと同じ朱色ホイールを装備したマットライトグレーもあり!

「MT-10 ABS」は、MTシリーズのフラッグシップモデル。「Ultimate Synchronized PerformanceBike」をコンセプトとし開発されました。

「意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能」と「多用途で楽しめる機能」が魅力となっています。

2019年モデルはオール新色で3タイプの展開です。

質感の高いマットライトグレーを基調にホイールやグラフィックにバーミリオン(朱色)を配した「マットライトグレーメタリック4」(マットライトグレー)。

ヤマハスポーツスピリットを表現するブルーを基調にブラックを配し、精悍さを表現した「ディープパープリッシュブルーメタリック
C」(ブルー)。

マットダークグレーとブラックによるダークカラーのコンビネーションにより、シンプルながら大人のスポーツを表現する「マットダークグレーメタリック6」(マットダークグレー)。

画像2: 兄弟車たちと同じ朱色ホイールを装備したマットライトグレーもあり!

なお、上位機種の「MT-10 SP ABS」は従来カラーのブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー)のまま、継続販売されます。

メーカー希望小売価格は「MT-10 ABS」が税込167万4,000円、「MT-10 SP ABS」が199万8,000円です。

画像: メーカー希望小売価格は「MT-10 ABS」が税込167万4,000円、「MT-10 SP ABS」が199万8,000円です。

【主なスペック】
全長×全幅×全高:2,095×800×1,110mm
ホイールベース:1,400㎜
最低地上高:130㎜
シート高:825㎜
車両重量:210㎏(MT-10 ABS SPは212kg)
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量:997㏄
ボア×ストローク:79.0×50.9㎜
圧縮比:12.0
最高出力:118kW(160PS)/11,500rpm
最大トルク:111N・m(11.3kgf・m)/9,000rpm
燃料タンク容量:17L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:24.00゜
トレール量:102㎜
タイヤサイズ(前・後):120/70ZR17M/C (58W)・190/55ZR17M/C (75W)
ブレーキ形式(前・後):ダブルディスク・シングルディスク

MT-10 ABSはこんなバイクです!(0分47秒)

画像: YAMAHA MT-10 Promotion Video JAPAN youtu.be

YAMAHA MT-10 Promotion Video JAPAN

youtu.be

※ムービー内の車両カラーは現行モデルのカラーリングではありません。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.