“THE FATE”(運命、宿命)と名づけられた大注目の日本人対決、WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦(16日・岐阜メモリアルセンター で愛ドーム)、チャンピオン田中恒成(23歳=畑中)vs.4位・田口良一(32歳=ワタナベ)の一戦は、田中が田口をスピードと技術で凌駕。ポイントを積み重ねて、117対111×2、119対109の大差判定で勝利。昨年9月に木村翔(30歳=青木)から奪った王座の初防衛に成功した。

上写真=田中(左)は技術で田口を上回った

「思ってたとおりの試合になりました。いきなりですが、年間最高試合ですか!」
 防衛を果たしたばかりのリングで、田中が興奮気味に会場に呼びかけた。

 前戦の木村翔との試合に続き、お互いに死力を振り絞った激闘。両目周りが腫れた顔が、その試合を物語る。初回のファーストアタックで、田口が狙った右クロスはすんででかわしていたものの、3回には、より短い右クロスで、田中の腰はガクッと落ち、あわやダウンのシーンを築いてしまった。

「あれは一瞬効きました」と振り返った田中だが、丹念に左ボディブローを差し込んでいく。それまでは、フットワークがやや影を潜めていたが、5回から右サイド、左サイドとステップを切り、ボディワークも滑らかに。強い右ストレートで再三、田口の顔面をのけ反らせ、上下ともにダメージを蓄積させていった。

 しかし、田口は決して音を上げない。クリンチ際に右を何度もねじ込み、ボディも叩き、接近戦では左右のアッパーカットを繰り出して、手数で応戦。また、田中の連打に後退させられても、必ずビッグパンチを振るって、最後の一手を打たせまいと抵抗した。

「中盤以降は、ボディが効いていることはわかったけれど、そこで決めきるコンビネーションがなかった」と田中。「クリンチを振りほどいて打ったり、そういうところは恒成にない部分で見習うべき点」と父・斉トレーナーも、田口の執念を褒め称えた。

 打っても打っても倒れない。音を上げない。そして必ず打ち返してくる。しかし、そんな田口に精神的に消耗したり、スタミナを削られたりすることもなく、田中も打って打って打ちまくった。
「木村さんとの気持ちの戦いに勝つことができて、レベルが上がった」と自負しているとおり、田中の骨は、また一段と太くなったことを実感させられる戦いだった。

最終12回の終了ゴングが鳴ると、直前にクリンチした田口はそのままに、健闘を讃える田中が田口を抱きかかえた。「田口さんは、もたれかかるような感じで、かなり消耗していると感じた」(田中)。ダメージも疲労も相当だった田口だが、最後まで倒れることを拒絶してきた象徴的な瞬間だ

「たくさん打たれたところが反省点。試合は盛り上がったけれど、自分のボクシングとしては、反省するところが多い」と田中は表情を曇らせたが、ライトフライ級の名王者・田口の“ラストチャンスに懸ける想い”は、田中、そして陣営の心に深く刺さったようだ。

 木村戦、そして田口戦。ハードな展開を勝ち抜き、ほんのわずかでも虚脱感が訪れるのでは? と心配する向きもあるが、「てっぺんに登ったわけじゃないので。まだまだ上があるので」と、田中はきっぱりと否定してみせた。

「Team KOsei」。その結束力、団結力の強さをまたしても感じさせる戦いだった

文_本間 暁 写真_早浪章弘

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.