いい意味でマイルドな乗り心地となった新型800シリーズ

ドゥカティスクランブラーの新型800シリーズは、新たに「JOYVOLUTION」というキャッチコピーのもと、4月6日に全国のドゥカティジャパンネットワーク店で発売開始されました。

画像1: いい意味でマイルドな乗り心地となった新型800シリーズ

新型スクランブラー800シリーズはシャーシから再設計されています。全機種、油圧式クラッチコントロールが滑らかでより乗りやすい走りを実現し、ボッシュ製のコーナリングABSも装備。各部のブラッシュアップを遂げていました。

画像2: いい意味でマイルドな乗り心地となった新型800シリーズ

今回はもっとも象徴的でまさにシリーズのアイコンとなっている「ICON」をご紹介します!

画像3: いい意味でマイルドな乗り心地となった新型800シリーズ
画像4: いい意味でマイルドな乗り心地となった新型800シリーズ
画像5: いい意味でマイルドな乗り心地となった新型800シリーズ

カラーはこのオレンジ(アトミック・タンジェリン)のほか、イエローもラインナップ。カラーリング・デザインともに人気だった前モデルのイメージをしっかり踏襲しています。

画像6: いい意味でマイルドな乗り心地となった新型800シリーズ
画像7: いい意味でマイルドな乗り心地となった新型800シリーズ

【主なスペック】
全長×全幅×全高:2,100×855×1,050mm
ホイールベース:1,445㎜
シート高:798㎜
車両重量:189㎏
エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブL型2気筒
総排気量:803㏄
ボア×ストローク:88×66㎜
圧縮比:11
最高出力:54kW(73PS)/8,250rpm
最大トルク:67Nm(6.8kgm)/5,750rpm
燃料タンク容量:13.5L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:24゜
トレール量:112㎜
タイヤサイズ(前・後):110/80 R18・180/55 R17
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格:62 イエロー 税込110万5,000円/アトミック・タンジェリン税込112万円

画像: 太田安治さんがまずはポジションチェック。身長は176cm、体重62kgです。

太田安治さんがまずはポジションチェック。身長は176cm、体重62kgです。

シート高はシリーズの中でもっとも低い798mm。かかとまで接地していますが、もうちょっと低い方が日本人には合いそう、と太田氏。シート高778mmのローシートもオプションパーツとして用意されています。

テスター太田安治さんがファーストインプレッションを語ってくれました!

以下、太田氏の感想とともにライディングシーンをご覧ください!

画像1: テスター太田安治さんがファーストインプレッションを語ってくれました!

ハンドル幅が広く、アップライトで乗りやすいポジションは前モデルのよさを踏襲しているね。

画像2: テスター太田安治さんがファーストインプレッションを語ってくれました!

見た目はほぼ変わらないけれど、以前のモデルは「暴れん坊」という印象で繊細な動き、たとえば街乗りを快適に走るには大変さがあるバイクだった。

4年分設計が新しくなり、Lツインならではのドコドコ感を残しながら、いい意味でマイルドで乗りやすくなった。これなら街乗りも楽だし、開ければ加速感も充分だからいろいろ楽しめそう。

画像3: テスター太田安治さんがファーストインプレッションを語ってくれました!

それでいて軽快感が際立っていて、扱いやすくこれもいい意味で803㏄よりも小さいバイクに乗っているという感じ。大型バイクのエントリーモデルとしてもおすすめできるね。

ファーストインプレッションで、欠点かなと思ったのは足つき性。もうちょっと脚を下ろしやすい方が多くの日本人にはフィットしそう。でもオプションのローシートで対応できるから問題なしかな。

撮影:南 孝幸、森 浩輔

詳しいインプレッションはまた後日お伝えします!

同じエンジンを搭載する新型「Cafe Racer」については宮崎敬一郎氏が語ってくれました!

ドゥカティスクランブラー 公式ウェブサイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.