女子テニスの国別対抗戦「フェドカップ(フェド杯)」のワールドグループ・プレーオフ(4月20、21日)が行われ、チェコ、アメリカ、ドイツ、スペインが勝利をおさめた。

 前年の優勝国で第1シードのチェコがカナダを4勝0敗で、同準優勝国で第2シードのアメリカがスイスを3勝2敗で、第3シードのドイツがラトビアを3勝1敗で、スペインは第4シードのベルギーを3勝2敗で下した。

 チェコ、アメリカ、ドイツが残留を決め、スペインは1部昇格を果たした。スイス、カナダ、ラトビアは昇格ならず、ベルギーがワールドグループ2部に降格する。

※左側が開催国、[ ]数字はシード順位

ワールドグループ・プレーオフ|4月20、21日

チェコ[1] 4-0 カナダ(チェコ・プロステヨフ/室内クレーコート)

R1 ○カロリーナ・ムチョバ 6-3 6-0 ●レベッカ・マリノ
R2 ○マルケタ・ボンドルソバ 6-4 6-1 ●レイラ アニー・フェルナンデス
R3 ○マルケタ・ボンドルソバ 6-3 6-4 ●レベッカ・マリノ
R4 カロリーナ・ムチョバ 打切 レイラ アニー・フェルナンデス
R5 ○バーボラ・クレイチコバ/ルーシー・サファロバ 7-6(4) 7-5 ●ガブリエラ・ダブロウスキー/シャロン・フィッチマン

アメリカ[2] 3-2 スイス(アメリカ・サンアントニオ/室内ハードコート)

R1 ●マディソン・キーズ 2-6 3-6 ○ビクトリヤ・ゴルビッチ
R2 ○スローン・スティーブンス 6-4 6-3 ●ティメア・バシンスキー
R3 ○スローン・スティーブンス 6-3 6-2 ●ビクトリヤ・ゴルビッチ
R4 ○ソフィア・ケネン 6-3 7-6(4) ●ティメア・バシンスキー
R5 ●ジェニファー・ブレイディ/ジェシカ・ペグラ 5-7 2-6 ○エレナ・イン アルボン/コニー・ペリン

ラトビア 1-3 ドイツ[3](ラトビア・リガ/室内ハードコート)
※4月19、20日に開催

R1 ●エレナ・オスタペンコ 5-7 4-6 ○アンドレア・ペトコビッチ
R2 ●ディアナ・マルチンケビカ 4-6 6-4 1-6 ○ユリア・ゲルゲス
R3 ●エレナ・オスタペンコ 3-6 4-6 ○モナ・バートル
R4 ディアナ・マルチンケビカ 打切 アンドレア・ペトコビッチ
R5 ○エレナ・オスタペンコ/ダニエラ・ビスマネ 6-1 6-3 ●アンナ レナ・グロエネフェルト/アンドレア・ペトコビッチ

ベルギー[4] 2-3 スペイン(ベルギー・コルトレイク/室内ハードコート)

R1 ○キルステン・フリプケンス 6-3 4-6 6-4 ●ガルビネ・ムグルッサ
R2 ●アリソン・バン ウィトバンク 3-6 2-6 ○カルラ・スアレス ナバロ
R3 ○イザリン・ボナボントゥー 6-4 0-6 6-4 ●ガルビネ・ムグルッサ
R4 ●ヤニナ・ウイックマイヤー 2-6 1-6 ○カルラ・スアレス ナバロ
R5 ●イザリン・ボナボントゥー/キルステン・フリプケンス 6-7(4) 6-2 2-6 ○ガルビネ・ムグルッサ/カルラ・スアレス ナバロ

※写真は昨年のワールドグループ決勝でのチェコ代表監督ペトル・パラ
PRAGUE, CZECH REPUBLIC - NOVEMBER 11: Team captain Petr Pala of Czech Republic reacts during the Fed Cup Final between Czech Republic and USA, at O2 Arena on November 11, 2018 in Prague, Czech Republic. (Photo by Srdjan Stevanovic/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.