2017年に発表されたポールスター1(PHEV)に続くポールスターの第二弾はボルボ・カー・グループ初の電気自動車となるポールスター2である。

ボルボグループ春のBEV(電気自動車)

ボルボカーグループの中にあって高性能電動車を開発、販売するのがポールスターである。その記念すべき第一弾となったモデルは、2017年10月に上海で世界初公開されたポールスター1だ。このモデルは高性能プラグインハイブリッド(PHEV)だが、その発表の場でボルボは2019年から5モデルの電気自動車を出すと公表していた。

そのうちポールスターが2台、ボルボが3台だが、その第一弾の電気自動車(BEV)が予告どおりポールスター2として公開された。グループ初の電気自動車である。

画像: ボルボグループとして初めての電気自動車はポールスター2となった。

ボルボグループとして初めての電気自動車はポールスター2となった。

ポールスター自らがテスラモデル3と競合すると言うように、同じプレミアムコンパクトEVセグメントに投入するこのBEVはボルボXC40にも採用されているCMAを採用したファストバックで、航続距離は約500kmを目標にする。2つの電気モーターを搭載、バッテリー容量は76kWh、バッテリーパックは27モジュールでフロア下中央に配置された。

画像: 2つのモーターを搭載する。バッテリー容量は76kWh。

2つのモーターを搭載する。バッテリー容量は76kWh。

電気モーターの出力は300kW(408ps)、トルクは600Nm、4WDシステムを採用し、0→100km/hは5秒未満だと公表されている。さらにポールスターの証となるオーリンズのダンパー、ブレンボのブレーキ、ゴールドカラーのシートベルト&ブレーキキャリパー&バルブキャップなども当然、採用されている。

さらにインフォテインメントにはAndroidのシステムを本格的に採用、Googleマップや
Googleの音声認識システムを採用する。

画像: ボイスコントロールはGoogleのシステムを採用する。

ボイスコントロールはGoogleのシステムを採用する。

価格は3万9900ユーロからとなるが最初はローンチエディションモデルから販売され、価格は5万9900ユーロとなる。生産はポールスターが新設した中国の工場で右ハンドルと左ハンドルが生産され、そこから全世界にデリバリーされる。最初は中国、アメリカ、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン、イギリスなどで、日本へは21年ごろ導入予定だ。

まずはボルボカーグループとして第一弾のBEVが公開されたわけだが、この後もポールスター、ボルボともに第二弾、第三弾のBEVがデビューに備えている。どこよりも早く本格的な電動化に動き出しているボルボは、今後もこの流れを加速させることだろう。

画像: ポールスター2はAndroidのインフォテインメントシステムを標準装備し、Googleマップなどが使用できる。

ポールスター2はAndroidのインフォテインメントシステムを標準装備し、Googleマップなどが使用できる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.