今週奈良県のKOMAカントリークラブを舞台に開催される関西オープンの練習日に、ブリヂストンの人気ドライバー「ツアーB JGR」の最新モデル(と思わしきクラブ)が登場。いったいどんなクラブか!?

ブリヂストンの「ツアーB JGR」はスケジュール的には今年がニューモデル投入のタイミングを迎えるクラブ。それが、今週の関西オープンの練習日で、ついにツアー会場に登場した。

画像: フェースの裏側に謎のネジ

フェースの裏側に謎のネジ

月曜日に適合リストへの登録が済み、試合で使えるようになったばかりだというこのクラブ、ソールには思いっきり「TOUR B JGR」のロゴ入り。さすがにこれはどう見ても、JGRの最新モデルと断じていいはずだ。

パッと見で目を引くのはソールのフェース裏側に配置された「ネジ」。近年は、キャロウェイのジェイルブレイクテクノロジーや、テーラーメイドのインジェクティッドツイストフェースなど、初速アップを目的とした独自テクノロジーを搭載したクラブが話題になるが、これもそのようなテクノロジーなのか気になるところだが、ブリヂストンのツアー担当に聞いても「絶対に秘密を明かせない」らしい。

画像: おそらく初速アップのためのテクノロジーと思われるネジ

おそらく初速アップのためのテクノロジーと思われるネジ

ネジ部分の装飾は「SP///COR」と読めるが……CORは反発係数のことだろうが、「SP」の部分がわからない。いずれにしても、初速をアップさせるためのテクノロジーなのだろう。また、クラウンはカーボンではなくフルチタンらしい。ヒール寄りにウェートが見えるので、つかまりも良さそう。

画像: 思いっきり「TOUR B JGR」のロゴ入りなのでプロトタイプ感は低め。だが、スペックやテクノロジーは不明だ

思いっきり「TOUR B JGR」のロゴ入りなのでプロトタイプ感は低め。だが、スペックやテクノロジーは不明だ

ブリヂストン契約プロの比嘉一貴はロフト10.5度のヘッドにスピーダーのTR弐を差し、月曜日に練習で初めてテスト。

「むちゃくちゃやさしいですね。楽につかまりますし、スピンが多すぎなくて、吹けないのがいいですね。前のJGRよりも初速が速いというか、前に行く感じがあって、球が強い気がします」とやさしさと球の強さを評価。

画像: 火曜日の練習ラウンドで新JGR(仮)をテストした比嘉。飛距離が伸びたとコメント

火曜日の練習ラウンドで新JGR(仮)をテストした比嘉。飛距離が伸びたとコメント

実際、火曜日の練習ラウンドでエースのツアーB XD-3と比べた所、新JGR(仮)のほうが初速が73〜75m/s、スピン量2200回転と安定し、キャリーで平均5ヤードアップしたそう。

「強振しても左に行かないのは嬉しいですね。フォローで300ヤードは行きました」(比嘉)

2015年モデルのツアーB JGRがエースの片岡大育は、このニューモデルを「ずっと待っていた」とこう語る。2017年モデルへのスイッチは残念ながらうまくいかなかったが、それもあって今回のニューモデルへの期待は高いようだ。

画像: “JGRユーザー”で、ニューモデルを「ずっと待っていた」という片岡は真剣な表情でテスト

“JGRユーザー”で、ニューモデルを「ずっと待っていた」という片岡は真剣な表情でテスト

「今回のは逃げ顔とまではいかないけど、スクェアな顔つきで、左に行きそうな感じがしない。構えやすさはグンと上がっています。打ってみると、自分の思った通りの弾道が出てくれる。まだ1日しか使っていないし、風の中だったので飛距離はわかりませんが、出ていると思います。そして、操作性がかなりいいですね」(片岡)

二人の契約プロたちは今週の関西オープンでいきなり実戦投入する様子。結果はどうか、注目だ。

撮影/有原裕晶

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.