自分ではタイガー・ウッズみたいにカッコ良く振り抜いているつもりが、スマホで写真を撮るとフォローで左ひじが引けている……しかも飛ばない。USLPGA(米女子プロゴルフ協会)のティーチング会員でレッスンプロの小澤美奈瀬は、そんな人にはタオルを使った練習法が効くという。左ひじの引け、直してください!

まずは適切な「手の位置」を知ろう

みなさん、こんにちは! USLPGAティーチング会員の小澤美奈瀬です。今回はタオルを使ってスウィング中の体と腕の一体感を作るドリルをご紹介します。フォローでヘッドがビュンと走るスウィングが身に付くので、皆さん、がんばりましょ~!

画像: 美女プロ・小澤美奈瀬が教える「腕プラ・タオルドリル」とは?

美女プロ・小澤美奈瀬が教える「腕プラ・タオルドリル」とは?

このドリルは、上腕部が体から離れてしまい、体と腕がバラバラに動いてしまい、左ヒジが引けてしまうという人におススメのドリルになります。

ドリルをやる前に、まずアドレスをチェックします。普通にアドレスの姿勢を作ったら、右腕をダランと下に垂らします。これが適正なアドレスのポジションになります。この状態でグリップをしてあげましょう。

画像: まずはアドレスをチェック。右腕をダランと下に垂らした位置が適正なアドレスのポジションだ

まずはアドレスをチェック。右腕をダランと下に垂らした位置が適正なアドレスのポジションだ

なぜこのアドレスチェックが必要かというと、ボールに近すぎるとフォローで詰まって左ヒジが引けやすく、逆に遠すぎてもクラブをプレーンに乗せようとするので左わきが空いてしまいヒジが引けてしまいます。

画像: ボールに近すぎても遠すぎてもミスの原因になる。まずは適正なアドレスを作ろう

ボールに近すぎても遠すぎてもミスの原因になる。まずは適正なアドレスを作ろう

インパクトからフォローで左ヒジが引けてしまうとクラブヘッドが走らずに、飛距離のロスにもつながるからです。まず左ヒジが引けないように、適正なアドレスを作るというところから始めてください。

わきが適度に締まっていれば、左ひじが引けない

ではドリルを始めましょう。スポーツタオルを背中側から回して両わきで挟みます。このタオルを挟んだままの状態でスウィングをしていきますが、フルショットではなく、スリークォーターショットで大丈夫です。

このドリルのポイントはわきを適度に締めてタオルが落ちないようにショットをすることです。腕が体から離れず、左ヒジが引けないフォロースルーが出来るようになると、ヘッドがビュンと走り飛距離アップが期待でますよ!

画像: タオルを挟んだままスリークォーターショット。タオルが落ちないように、わきを適度に締めよう

タオルを挟んだままスリークォーターショット。タオルが落ちないように、わきを適度に締めよう

さらに、バックスウィングで右ヒジが空くフライングエルボーは、その後のクラブ軌道のブレに繋がるので良くありません。そこで、バックスウィングでもタオルが落ちないようにすることで、右わきが大きく空くトップを矯正する動きが身に付くので、ショットの安定感が増してくると思いま~す!

画像: バックスウィングでも脇を締めることを意識しよう

バックスウィングでも脇を締めることを意識しよう

皆さん、「腕プラ・タオルドリル」でビッグフォローを手に入れよ~! 

ヨ・ロ・シ・ク!

画像: そのタオルは……YAZAWA!?

そのタオルは……YAZAWA!?

撮影協力/ヒルズゴルフアカデミー

画像: 左ひじの引けを直す練習法「腕プラタオルドリル」~小澤美奈瀬プロ~ youtu.be

左ひじの引けを直す練習法「腕プラタオルドリル」~小澤美奈瀬プロ~

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.