初心者の最初の壁であるスライスのミス。「スライスをなくすには、まずはゴルフクラブという道具の特徴を知ることが大切です」というのは、東京ゴルフスタジオでゴルフインストラクターを務める吉本舞プロ。さっそくゴルフクラブの持つ特徴、そしてそれを活かすためのグリップの握り方を教えてもらおう。

重量が右側に偏っている

初心者が悩まされることの多い「スライス」。これを直すには、まずゴルフクラブの特徴を知ることが大事だと吉本は言う。

「ゴルフクラブって、右側に重さが偏っているんです。でもアマチュアの方はこの特徴を無視して、クラブフェースをまっすぐ引いてインパクトしようとしがちです。するとスウィング中にクラブヘッドは重さによって右側に傾き、フェースが開いてしまいます」(吉本)

フェースが開いて当たればもちろんスライスの直接の原因となる。では、どうすればいいのか。

「正しいゴルフクラブの使い方としては、右に偏っている重さを左に倒していくのが正解。感覚的にはボールが左に引っかかるように感じると思うんですけど、それで大丈夫です」

画像: インパクト前後でクラブを傾けて、ヘッドを左に倒そう

インパクト前後でクラブを傾けて、ヘッドを左に倒そう

開いたフェースを閉じる、これがいわゆる「フェースローテーション」という動き。これをスムーズに行うには、グリップの握り方も重要だと吉本は続ける。

「グリップを握る際ガチガチに固定するように、手のひらの圧を強めにグリップする方が多いです。でも、クラブの右側に偏った重さを左に持っていくためには、柔らかく手首を使える握り方をしたいですね」

大切なのは「握りの強さ」。強く握りすぎると手首が使えずフェースを閉じる動きがしづらいし、緩すぎても安定しない。

画像: クラブを体の正面に突き出し、上下左右にヘッドを揺さぶってみる。この状態で両手の親指を外してみよう。手のひらの指側でクラブを握っているような感覚が正解だ

クラブを体の正面に突き出し、上下左右にヘッドを揺さぶってみる。この状態で両手の親指を外してみよう。手のひらの指側でクラブを握っているような感覚が正解だ

「まずはクラブを体の正面に突き出してみましょう。ヘッドの重さを感じつつ、上下左右にヘッドを揺さぶれるくらいのグリップ圧で握ってみてください。そこから両手の親指を外してみたときに、残りの指でしっかり重さを感じられているかどうかがポイント。手のひらの指側でクラブを握っているような感覚になるのが正解で、親指は軽く添える程度が良いです。この握り方だと、右側に重さが偏ったゴルフクラブを左へターンさせやすくなります。

みなさん、クラブの特性を理解して、クラブの重さを感じながら振っていきましょう。頑張ってください!」

協力/東京ゴルフスタジオ

画像: 【初心者向け】ゴルフクラブの特性を理解した、スライスしないグリップの基本~吉本舞先生~ www.youtube.com

【初心者向け】ゴルフクラブの特性を理解した、スライスしないグリップの基本~吉本舞先生~

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.