NEXCO中日本 東京支社は、2019年5月7日からリニューアル工事のため小田原厚木道路の小田原西インターチェンジ(以下、IC)および西湘バイパスの箱根口ICの一部ランプウェイを閉鎖している。このたび、工事の進捗に応じて新たなランプ閉鎖の日程が決まった。(タイトル写真はイメージです)

夏休み前には、リニューアルされた小田原厚木道路を走れるはず!

まず、小田原西ICと石橋ICの一部閉鎖だが、2019年6月18日(火)9時から6月21日(金)9時まで行われる。

また、小田原西ICと箱根口ICの一部閉鎖は、2019年7月5日(金)まで継続される。箱根口IC Bランプ(国道1号上りから厚木・茅ヶ崎・熱海方面)、Cランプ(国道1号下りから厚木・茅ヶ崎・熱海方面)閉鎖は6月中旬までの予定だったが、交通の安全確保のため引き続き実施される。

画像: 閉鎖区間の詳細図。スマホの画面だと見にくいかも…。

閉鎖区間の詳細図。スマホの画面だと見にくいかも…。

箱根方面から東名高速・厚木IC方面に向かう場合、しばらくの間は小田原厚木道路に直接アクセスできないため、国道1号を上るか、早川ICから西湘バイパス経由で小田原厚木道路方面に向かうことになる。

なお、天候状況により日程が変更になる場合があるため、工事や規制内容の詳細などについては、小田原厚木道路リニューアル工事専用Webサイト(https://tomei-info.com/odawara/)やリニューアル工事専用ダイヤル、情報板、ハイウェイラジオ、ハイウェイテレホンなどで、最新の交通状況を確認して出かけるようにしたい。

画像: 国道1号などの迂回路をチェックしてルートを確定しておきたい。

国道1号などの迂回路をチェックしてルートを確定しておきたい。

画像: 写真はイメージです。

写真はイメージです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.